Home » サッカー最新ニュース » 「関係を修復するため」マンU指揮官と若手FWの対立激化!PFAが介入する事態に発展

「関係を修復するため」マンU指揮官と若手FWの対立激化!PFAが介入する事態に発展

2023年09月27日(水)8時05分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , ,

マンチェスター・ユナイテッド最新ニュース


【写真:Getty Images】



ジェイドン・サンチョ、頑なに謝罪拒否か

 マンチェスター・ユナイテッドに所属する23歳のイングランド代表FWジェイドン・サンチョが、ついにクラブ施設に出入りすることも禁じられた。この事態を重く見たプロフェッショナル・フットボーラーズ・アソシエーション(PFA)が、対立解消に向けて介入したようだ。英紙『デイリーミラー』が報じている。



【今シーズンのマンチェスター・ユナイテッドはU-NEXTで!
無料トライアル実施中!】



 サンチョは今季公式戦3試合に出場しているが、現地時間8月26日に行われたノッティンガム・フォレスト戦でプレーしたのを最後にピッチに立てていない。事の発端は、現地時間9月3日に行われたアーセナル戦でメンバー外になったことにある。同選手をメンバーから外した理由に関して、マンUを率いるエリック・テン・ハフ監督はトレーニングでのパフォーマンスを考慮した結果だと説明していた。それに対してサンチョは自身のSNSで反論し、スケープゴートにされたとも発言している。これがエリック・テン・ハフ監督の逆鱗に触れ、規律違反としてトップチームのグループから追放された。それでもサンチョは謝罪せず、クラブ施設を利用することも禁止されたと言われている。

 一向に収まらないどころか、両者の争いは一層激しさを増した。同紙によると「エリック・テン・ハフ監督とサンチョの関係を修復するため、PFAが介入することになった」という。PFAはサンチョに謝罪するようアドバイスしたが、それを受け入れておらず、現時点で解決の糸口は見出せていないようだ。

【関連記事】
マンチェスター・ユナイテッド23/24シーズン予想スタメン全選手紹介&フォーメーション
給料高すぎ!? マンチェスター・ユナイテッド、年俸ランキング1~10位

【了】

新着記事

↑top