Home » サッカー最新ニュース » マンUの背番号7はこのまま忘れられてしまうのか…。英メディアが報じる「アカデミー卒業生の急激な台頭」

マンUの背番号7はこのまま忘れられてしまうのか…。英メディアが報じる「アカデミー卒業生の急激な台頭」

2024年02月12日(月)19時49分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , ,

マンチェスター・ユナイテッド最新ニュース

イングランド代表MFメイソン・マウント
【写真:Getty Images】



メイソン・マウントは今季公式戦12試合に出場

 イングランド代表MFメイソン・マウントが負傷により戦列を離れている間、18歳のMFコビー・メイヌーが台頭してきた。この状況に対し、地元紙『Manchester Evening News』が現地時間12日に「マウントが中盤へ復帰するのは困難な仕事となるだろう」と報じている。


今シーズンのマンチェスター・ユナイテッドはSPOTV NOWで全試合配信中!
U-NEXTから加入で無料トライアル実施中![PR]

 昨夏にチェルシーから約5500万ポンド(約88億円)でマンチェスター・ユナイテッドへ移籍したマウント。同選手はクラブの伝統的な背番号「7」を背負っているが、昨年11月のルートンタウン戦を最後に試合から遠ざかっている。

『Manchester Evening News』は「(ユナイテッドが)昨夏にマウントと契約したことは忘れられがちだ」と述べ、選手の苦境を伝えている。マウントはセントラルMFとしての役割を期待され、今季出場した試合ではカゼミーロの横に配置されることが多い。しかし彼が負傷離脱して以降、同じポジションで急激な成長を見せているのがメイヌーだ。

 同メディアは「ユナイテッドのアカデミー卒業生の急激な台頭は、これまでのユナイテッドのキャンペーンの中で最も成功した事例となっている。彼は傑物以外の何ものでもなかった」と伝え、その才能に賛辞を送っている。

 さらに来シーズンのユナイテッドの中盤に関して「メイヌーとブルーヌ・フェルナンデス、そして新しく獲得する守備的MFで構成される可能性は十分にある」と伝え、マウントにとって厳しい状況は以降も続くと見通した。

 チェルシー時代のマウントは2季連続でクラブの年間最優秀選手に輝くなど、チームを牽引する活躍を見せていた。リーグ戦32試合で11ゴール10アシストを記録した2021-22シーズンの実力を見せられれば、好調のユナイテッドでも居場所を見つけられるはずだ。

【関連記事】
給料高すぎ!? マンチェスター・ユナイテッド、年俸ランキング1~10位
マンチェスター・ユナイテッド23/24スタメン全選手紹介&フォーメーション

【了】

新着記事

↑top