フットボールチャンネル

「あまりにもミスが多すぎる」マンU戦で物議!ニューカッスル10番がVARに不満「明らかにPKだった」

text by 編集部 photo by Getty Images

マンチェスター・ユナイテッド最新ニュース

ニューカッスルのアンソニー・ゴードン
【写真:Getty Images】



アンソニー・ゴードン、VARに不満

 プレミアリーグ第34節、マンチェスター・ユナイテッド対ニューカッスル・ユナイテッドの試合が現地時間15日に行われ、ニューカッスルは2-3の敗戦を喫した。試合後、ニューカッスルに所属するイングランド代表MFアンソニー・ゴードンが英メディア『スカイスポーツ』を通じ、VARに不満を示している。


今シーズンのマンチェスター・ユナイテッドはSPOTV NOWで全試合配信中!
U-NEXTから加入で無料トライアル実施中![PR]


 ニューカッスルを率いるエディ・ハウ監督は、ゴードンやアレクサンデル・イサク、ジェイコブ・マーフィーなどを先発起用。31分には、アマド・ディアロからパスを受けたマンUのコビー・メイヌーに先制点を決められてしまう。それでも49分、マーフィーのクロスにゴードンが合わせて同点ゴールを決めた。しかし、57分に再び失点すると、84分にはマンUのラスムス・ホイルンドにも追加点を決められた。後半アディショナルタイムにルイス・ホールのゴールで1点差に詰め寄るも、相手に逃げ切られたニューカッスルは2-3の敗戦を喫している。

 試合後、ゴードンは「アウェイでの守備が良くなかった。僕たちはそれを改善する必要がある。多くのチャンスを作ったが、ものにできなかった。自分たち以外を責めることはできない。しかし、今日は僕たちの日ではなかった」と述べた。足首の負傷の可能性とPKを主張したことについて質問されると「本当に痛い。足首がどれだけ良くなるかはあまりわからない。その場面を見返してみたけど、明らかにPKだった。レフェリーがピッチで間違ったことをしても気にしないが、VARについては理解できない。彼(ソフィアン・アムラバト)は僕のアキレス腱を蹴って背中を押した。すぐにわかったから、アピールはしなかった。僕はVARのチェックを待ち、チームメイトには明らかにPKだったと伝えたよ。結果、こうなったのは意味がわからない。もうそれを取り消すか、改善するか、それだけだ。VARを競技に導入したことは気に入っているし、アイデアも好きで、うまくいくと考えていたが、あまりにもミスが多すぎる」と不満を呈している。

【関連記事】
給料高すぎ!? マンチェスター・ユナイテッド、年俸ランキング1~10位
マンチェスター・ユナイテッド23/24スタメン全選手紹介&フォーメーション

【了】

KANZENからのお知らせ

scroll top