フットボールチャンネル

フォーカス 2か月前

まだ出来たはず…。ビッグクラブで主力のまま引退したスター選手6人。今夏で引退するトニ・クロースの前例は?

シリーズ:編集部フォーカス text by 編集部 photo by Getty Images

MF:シャビ・アロンソ(元スペイン代表)

バイエルン・ミュンヘンMFシャビ・アロンソ
【写真:Getty Images】


生年月日:1981年11月25日
引退年:2017年夏(35歳)
引退時の所属クラブ:バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)
現役最終年リーグ戦成績:27試合3得点2アシスト

 今季レバークーゼンをブンデスリーガとDFBポカールの国内2冠に導いたシャビ・アロンソ監督も、ビッグクラブで主力選手のままスパイクを脱いでいる。

 ユース時代から過ごしたレアル・ソシエダからリバプール、そしてレアル・マドリードと渡り歩いたシャビ・アロンソは、2014年夏にジョゼップ・グアルディオラ監督率いるバイエルン・ミュンヘンに加入。すぐに中盤の不動のレギュラーに定着し、ブンデスリーガを筆頭に数々のタイトルを獲得した。

 2016年夏にペップがバイエルンの監督を退任すると、その後任にシャビ・アロンソのレアル・マドリード時代の恩師であるカルロ・アンチェロッティが就任した。自らを良く知る指揮官の下で引き続きレギュラーとしてプレーしていたが、3月に35歳にして現役引退を発表している。

 引退理由についてシャビ・アロンソは「最高のレベルで引退したいと思っていた」と明かしている。同タイミングでの引退を発表していたフィリップ・ラームとともにラストマッチで先発出場すると、4分に先制ゴールをアシスト。82分にアリアンツ・アレーナに集った大勢のサポーターから万雷の拍手を受けてピッチを後にした。

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top
error: Content is protected !!