フットボールチャンネル

フォーカス 2か月前

まだ出来たはず…。ビッグクラブで主力のまま引退したスター選手6人。今夏で引退するトニ・クロースの前例は?

シリーズ:編集部フォーカス text by 編集部 photo by Getty Images

DF:フィリップ・ラーム(元ドイツ代表)

バイエルン・ミュンヘンDFフィリップ・ラーム
【写真:Getty Images】


生年月日:1983年11月11日
引退年:2017年夏(33歳)
引退時の所属クラブ:バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)
現役最終年リーグ戦成績:26試合1得点2アシスト

 11歳から育ったバイエルン・ミュンヘンで23個のタイトルを獲得し、ドイツ代表としても2014年のブラジルワールドカップ優勝に導いたフィリップ・ラームは33歳の若さで現役を引退している。

 右SBを本職としていたラームだが、2013年夏に監督に就任したジョゼップ・グアルディオラの下では中盤でプレーするなどプレーの幅を広げていた。キャリアの晩年に向けて、新たなプレースタイルを手にした中で、ペップが退任した翌シーズンにあたる2016/17シーズン限りでスパイクを脱ぐことを決断した。

 引退の理由について問われたラームは「キャプテンとして常にトップパフォーマンスでプレーすることは重要なことで、来シーズン以降それができるとは思えなかった」とコメント。トッププレーヤーのまま引退することを望んでいたそうだ。現役ラストマッチとなったブンデスリーガ最終節フライブルク戦でいつも通りスタメンに名を連ねたラームは87分までプレー。その5分前にベンチへと退いた同タイミングで引退するシャビ・アロンソとともに溢れんばかりの拍手に包まれてプロサッカー選手のキャリアを終えた。

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top
error: Content is protected !!