新着記事一覧

20130929_reon

W杯前に知っておくべきブラジルフッチボール。日本サッカーと関係の深い、エメルソン・レオンの光と影 2013.09.29

95年に清水エスパルス、97年にはヴェルディ川崎の監督を務めた、エメルソン・レオン。ソクラテスが顔をしかめるほど、癖のある性格で知られるレオンだが、彼の本質的な部分はどこにあるのか。

20130929_kagawa_yamakaz

マンU敗因は香川の交代にあらず。WBA戦でのモイーズ監督の失策とは? 2013.09.29

28日、マンチェスター・ユナイテッドはホームでウェストブロムに敗れた。この試合で先発し、まずまずのプレーを見せていた香川だったが、前半で交代。果たしてこの策が敗因になったのだろうか。

20130929_venger

激化するポジション争い。アーセナル快勝に貢献した宮市のライバル・18歳グナブリー 2013.09.29

28日、アーセナルが敵地でスウォンジーを下し、首位をキープした。宮市は出場しなかったが、ライバルである18歳のグナブリーは出場し、ゴールも決めた。ポジション争いは確実に激化している。しかも若手の宮市よりもさらに若いタレントによって。

日本のレフェリーは本当にレベルが低いのか? 「審判問題」の本質を問う

日本のレフェリーは本当にレベルが低いのか? 「審判問題」の本質を問う 2013.09.29

W杯や国際Aマッチといった舞台で高く評価される日本人レフェリー。それが国内では一転、厳しく評価されることが多い。この差異はどこにあるのか? 本稿では日本のレフェリーの優れている点、課題となっている点を検証しながら、審判問題の本質を考察していく。

最激戦区・2列目に挑む工藤壮人。ザックジャパンへの生き残りを懸けた“タフな戦い”

最激戦区・2列目に挑む工藤壮人。ザックジャパンへの生き残りを懸けた“タフな戦い” 2013.09.28

ザックジャパンにとって新戦力の工藤壮人。ゴールも奪い、結果を残している柏レイソルのエースだが、まだ適応しきっていない部分もある。クラブでの過密日程など厳しい戦いが続き、さらに工藤が挑むのは日本代表で最も層の厚い2列目。工藤はこのタフなサバイバルを乗り越えることが出来るか?

F・マリノス復権を目指して 中澤佑二の優勝へのこだわり

F・マリノス復権を目指して 中澤佑二の優勝へのこだわり 2013.09.28

Jリーグ通算400試合出場、代表Aマッチ110試合出場。横浜F・マリノスでプレーしたからこそ、この偉業は成し遂げられた。そして今、チーム復権を期す。その思いは、どこからくるのか。中澤佑二のサッカー人生を辿る。

フィオレンティーナに警戒されていた長友。“攻撃へのスイッチ”はいつ入ったのか?

フィオレンティーナに警戒されていた長友。“攻撃へのスイッチ”はいつ入ったのか? 2013.09.28

上位対決となったフィオレンティーナ戦に逆転勝利したインテル。途中までイニシアチブを握られ、先制を許す苦しい試合を制した要因はどこにあるのか?

ダービー欠場は長期的ビジョンによる温存か。カップ戦で英メディアが高評価した香川にかかる大きな期待

ダービー欠場は長期的ビジョンによる温存か。カップ戦で英メディアが高評価した香川にかかる大きな期待 2013.09.28

25日に行われたカップ戦でマンチェスター・ユナイテッドはリヴァプールに勝利。香川真司は先発し、現地メディアから高評価を得た。先のダービーで欠場した香川だったが、これは長期的ビジョンに基づいた温存の可能性もある。

逆転勝利に貢献した長友「ロッシを止めることをかなり意識した」

逆転勝利に貢献した長友「ロッシを止めることをかなり意識した」 2013.09.27

26日に行われたセリエA第5節、インテル対フィオレンティーナの一戦は、2-1でホームのインテルが勝利した。長友佑都は先発フル出場。逆転弾の起点になるなどチームの勝利に貢献した。試合後の長友のコメントをお届けする。

結果を残せなかった“なでしこ新戦力”。女子サッカー底上げのために求められること

結果を残せなかった“なでしこ新戦力”。女子サッカー底上げのために求められること 2013.09.27

ナイジェリアとの2試合を終えたなでしこジャパン。2戦とも勝利したが、アピールに成功した新戦力は少なかった。女子サッカーを底上げしていくために、何をなすべきなのか?

新着記事

↑top