日本代表

20130728_zakk

東アジア杯で優勝を懸けた日韓戦。勝利するために求められるザックの采配力 2013.07.28

いよいよ最終戦を迎える東アジア杯。日本は韓国とどう戦うべきか? 新戦力のテストに注目が集まる大会だったが、ザッケローニ監督の采配も問われることになるだろう。

豪州戦2得点の大迫よりも豊田、齋藤がW杯メンバーに残れる理由

いよいよ日韓戦。好調の攻撃陣がザックジャパンで生き残るためにアピールすべきポイントは? 2013.07.28

東アジア杯もいよいよ最終戦。攻撃陣は軒並み好調だが、ザックジャパン定着のためには韓国戦で現状のメンバーを超えるようなアピールが必要だ。それぞれ、どこを意識すべきなのか?

20130618_nishino_mtk

西野朗の豪州戦分析「齋藤学の個人技はザックジャパンにとって新たな発見」 2013.07.27

東アジア杯の第2戦となったオーストラリア戦。エキスパートはどう見たのか? J1での監督経験豊富な西野朗氏が分析する。

コンフェデと同じ役割を新戦力に課したザック。レギュラー陣を脅かす存在と言えるのは誰か?

「本田さんと一緒にやりたい」代表定着を狙う柿谷曜一朗。天才アタッカーが韓国戦で背負う使命 2013.07.27

東アジア杯で上々のA代表デビューを飾った柿谷曜一朗。だが、本人は中国戦で勝ち切れなかったことを反省している。自身が出場しなかった豪州戦ではライバルが活躍。韓国戦は代表定着と大会の優勝、2つの使命を背負っての戦いとなる。

20130727_kurihara

2試合で5失点の東アジア杯でのザックジャパン。起用された4人のCB、それぞれの課題は? 2013.07.27

東アジア杯は2試合を終えたが、既に5失点。守備に反省すべき点があるのは明白だ。ザックジャパンは4人のセンターバックを起用した。それぞれの収穫と課題とは何か?

オーストラリア戦で見えた、ザッケローニ監督が重視するセンターバック選出のポイントとは?

オーストラリア戦で見えた、ザッケローニ監督が重視するセンターバック選出のポイントとは? 2013.07.26

25日に行われた東アジアカップ・オーストラリア代表戦で、センターバックを組んだ千葉と鈴木は試合開始直後にポジションチェンジを行い、ビルドアップはスムーズになった。ここに、ザッケローニ監督がセンターバックに求めるポイントが詰まっている。

北朝鮮と引き分けたなでしこ。無失点を実現させた高い“修正力”に迫る

北朝鮮と引き分けたなでしこ。無失点を実現させた高い“修正力”に迫る 2013.07.26

東アジア杯の第2戦、北朝鮮と対戦したなでしこジャパンは0-0で引き分けた。後半は押し込みながら無得点に終わったことは反省すべきだが、2試合連続で無失点に抑えた守備陣は評価すべきだ。なぜなでしこは守りきれたのか?

豪州戦2得点の大迫よりも豊田、齋藤がW杯メンバーに残れる理由

豪州戦2得点の大迫よりも豊田、齋藤がW杯メンバーに残れる理由 2013.07.26

東アジア杯の豪州戦、日本は3-2で勝利した。この大会のテーマは新戦力の発掘にある。果たして、この試合でW杯メンバーに食い込めそうな選手は出たのか。攻撃陣、守備陣、共に検証する。

攻撃が活性化し豪州に勝利。その一方で、なぜザックジャパンは簡単に失点してしまうのか?【どこよりも早い日本代表採点】 2013.07.25

東アジア杯の2戦目、オーストラリア戦。日本代表は2点をリードしながら追いつかれるも突き放し、3-2で勝利を収めた。前線は良さを発揮したが、不用意に失点しまう悪癖は改善されなかった。

豊田陽平が語るポジション奪取への決意。期待の大型FWがザックジャパンにもたらす大いなる可能性

豊田陽平が語るポジション奪取への決意。期待の大型FWがザックジャパンにもたらす大いなる可能性 2013.07.25

オーストラリア戦を迎えるザックジャパン。高さのある相手だけに、強さが武器の豊田陽平への期待が高まっている。彼がピッチにいることで代表にもたらすメリットとは? そして自身の決意とは?

豪州戦に臨むザックジャパン。テストすべき優先順位の高いポジションは?

豪州戦に臨むザックジャパン。テストすべき優先順位の高いポジションは? 2013.07.25

東アジア杯の2戦目、オーストラリア戦を迎えるザックジャパン。テストの意味合いが強い大会だけに、さまざまな選手を試し、可能性を探りたい。その中で最も選手を試すべく優先順位はどこになるのか?

西野朗が豪州戦を展望「豊田の高さが活きる試合。柿谷との同時起用で二人の良さは発揮される」

西野朗が豪州戦を展望「豊田の高さが活きる試合。柿谷との同時起用で二人の良さは発揮される」 2013.07.25

東アジア杯の2戦目、オーストラリア戦。エキスパートはどう展望するのか? J1での監督経験豊富な西野朗氏が試合を展望する。

中国戦を猛省する栗原勇蔵。次戦への決意と、そこに見える自身と代表の共通の課題

中国戦を猛省する栗原勇蔵。次戦への決意と、そこに見える自身と代表の共通の課題 2013.07.24

東アジア杯の中国戦。若手中心の日本代表において、キャップ数からもチームを牽引することを期待された栗原勇蔵。しかし、自身のミスもあり、3失点を喫した。本人は猛省し、次戦への意気込みを語るが、そこには栗原と代表、共通の課題が見えてくる。

豪州戦に向けてザックが徹底指導した“スローイン”。気づきにくいその重要性とは?

豪州戦に向けてザックが徹底指導した“スローイン”。気づきにくいその重要性とは? 2013.07.24

24日のオーストラリア戦を控えたザックジャパン。試合前練習でザッケローニ監督が徹底させたのが「スローイン」だった。見逃されがちなスローインの重要性とは?

新着記事

FChan TV

↑top