日本代表

本田圭佑

本田が導いたW杯。“背番号4”はなぜ攻撃を活性化させられるのか【どこよりも早い日本代表採点】 2013.06.04

4日に行われた日本代表対オーストラリア代表との一戦は1対1で終え、日本のW杯出場が決まった。アンラッキーな形で失点した日本だったが、終了間際のPKで辛くも引き分けた。

川島永嗣

川島永嗣のプロフェッショナリズム(後編) 2013.06.04

日本人選手が海外で活躍するうえで、GKのポジションはもっとも難しいと言われてきた。指示を出すためには語学力が求められ、何よりもチームで信頼される存在でなければならない。幾重にもハードルが課せられるポジションで、日本の守護神、川島永嗣はどう評価されているのか。

香川真司

体格差は逆に有利!? アウェイで見せた香川の動きに豪州攻略のヒントがある 2013.06.04

4日、W杯出場権をかけた大一番、オーストラリア戦を迎える日本代表。先のブルガリア戦での惨敗やオーストラリアの体格の大きさから悲観的な意見も多い。だが、冷静に分析していくと有利な点は多い。不安視される体格差もその1つだ。

日本代表の核となる個性 本田圭佑の戦術力を読み解く

日本代表の核となる個性 本田圭佑の戦術力を読み解く 2013.06.03

日本代表の中心に成長した本田圭佑。彼のプレーヤーとしての個性はどのようなものなのか。日本代表における戦術的な役割について考察する。

川島永嗣のプロフェッショナリズム(前編)

川島永嗣のプロフェッショナリズム(前編) 2013.06.03

日本人選手が海外で活躍するうえで、GKのポジションはもっとも難しいと言われてきた。
指示を出すためには語学力が求められ、何よりもチームで信頼される存在でなければならない。
幾重にもハードルが課せられるポジションで、日本の守護神、川島永嗣はどう評価されているのか。

歯車が狂ったザックジャパン。本田と岡崎の復帰で何が変わるのか?

歯車が狂ったザックジャパン。本田と岡崎の復帰で何が変わるのか? 2013.06.02

さまざまな課題が噴出したブルガリア戦。だが、その中でも収穫はあった。そして4日にはオーストラリアとの大一番が待っている。本田と岡崎が戻ってくるが、彼らが果たしてきた役割とは何だったのか。

ブルガリア戦で許した先制点。GK川島永嗣はなぜブレ球FKを止められなかったのか?

ブルガリア戦で許した先制点。GK川島永嗣はなぜブレ球FKを止められなかったのか? 2013.06.01

30日のブルガリア戦に関してさまざまな敗因分析が行われている。“3-4-3の是非”といったシステム論も重要だが、失点場面の細部を突き詰めていくことも必要だ。果たしてGK川島永嗣はあのブレ球フリーキックを止める術はなかったのか。検証する。

“3-4-3”より重大な問題点。崩れつつあるザックジャパンの強化プラン

“3-4-3”より重大な問題点。崩れつつあるザックジャパンの強化プラン 2013.05.31

30日のブルガリア戦、2-0と完敗した日本代表。3-4-3の是非が大きな話題にのぼったが、そこだけが問題だろうか。この試合で浮き彫りになったザックジャパンの問題点とは?

ブルガリア戦。未だ機能しない3-4-3、本田不在時の迫力不足も解消されず【どこよりも早い日本代表採点】

ブルガリア戦。未だ機能しない3-4-3、本田不在時の迫力不足も解消されず【どこよりも早い日本代表採点】 2013.05.30

30日に行われたブルガリア戦、日本代表は2-0と敗れた。3-4-3を試行し、新たな可能性を探ったザックジャパンだが、機能していたとは言えず、課題を多く残す結果となった。

なぜ今、3-4-3なのか?【ブラジルまでの果てなき航路】

なぜ今、3-4-3なのか?【ブラジルまでの果てなき航路】 2013.05.30

今日行われる親善試合ブルガリア戦で、ザッケローニ監督は[3-4-3]を試行することを示唆した。何度か挑戦するも上手くいかず、棚上げされてきた感のあるフォーメーションだが、なぜ今なのか?

20130530_higashi

代表初招集の東慶悟。ザックジャパンでトップ下を担える理由 2013.05.30

30日のブルガリア戦に向けて、FC東京の東慶悟が代表に初選出された。たしかに今季のパフォーマンスは高いが、サプライズ招集と言うこともできる。本田の代役との報道もあったが、なぜ東がザックジャパンのトップ下を担えるのか?

20130529_nakamura

中村憲剛が語る日本代表への決意「本田がいないときにやってきた自負がある」 2013.05.29

川崎フロンターレを牽引する中村憲剛。一時期の不調を脱し、それと共にチームの成績も上向いた。そして、30日から始まる代表戦のメンバーにも招集。これから迎えるW杯予選、コンフェデへどのような決意を抱いているのか?

ジーコ独占インタビュー「日本代表は私が指揮していたときと明確に違う」

ジーコ独占インタビュー「日本代表は私が指揮していたときと明確に違う」 2013.05.27

6月のコンフェデでブラジルと開幕戦を戦う日本代表。かつて日本を指揮したジーコは今の代表に何を思うのか? 独占インタビューをお届けする。

ザック流“インテンシティ”とは何か? 工藤と東の初選出から見える代表の未来像

ザック流“インテンシティ”とは何か? 工藤と東の初選出から見える代表の未来像 2013.05.24

30日から始まる代表戦に向けてのメンバーが発表された。お馴染みの選手に混じって初招集された工藤壮人と東慶悟。彼らが選ばれたのには明確な理由がある。それはザックが会見で口にした“インテンシティ”という言葉と密接な関係がある。

20130515_japan2_yamada

成長なきザックジャパンと相反する監督への高評価 代表の未来に感じる危険な兆候【ブラジルまでの果てなき航路】 2013.05.15

W杯をほぼ手中に収め、順調とも言える日本代表。だが、もはやW杯の出場など最低限の目標であって、ザックジャパンの目指す先は前回大会以上の成績であるはずだ。しかし、代表には未だ課題が多く、停滞感が漂う。にもかかわらずザッケローニ監督が手放しで評価されている現状は問題ではないだろうか。

新着記事

FChan TV

↑top