日本代表

攻撃が活性化し豪州に勝利。その一方で、なぜザックジャパンは簡単に失点してしまうのか?【どこよりも早い日本代表採点】 2013.07.25

東アジア杯の2戦目、オーストラリア戦。日本代表は2点をリードしながら追いつかれるも突き放し、3-2で勝利を収めた。前線は良さを発揮したが、不用意に失点しまう悪癖は改善されなかった。

豊田陽平が語るポジション奪取への決意。期待の大型FWがザックジャパンにもたらす大いなる可能性

豊田陽平が語るポジション奪取への決意。期待の大型FWがザックジャパンにもたらす大いなる可能性 2013.07.25

オーストラリア戦を迎えるザックジャパン。高さのある相手だけに、強さが武器の豊田陽平への期待が高まっている。彼がピッチにいることで代表にもたらすメリットとは? そして自身の決意とは?

豪州戦に臨むザックジャパン。テストすべき優先順位の高いポジションは?

豪州戦に臨むザックジャパン。テストすべき優先順位の高いポジションは? 2013.07.25

東アジア杯の2戦目、オーストラリア戦を迎えるザックジャパン。テストの意味合いが強い大会だけに、さまざまな選手を試し、可能性を探りたい。その中で最も選手を試すべく優先順位はどこになるのか?

西野朗が豪州戦を展望「豊田の高さが活きる試合。柿谷との同時起用で二人の良さは発揮される」

西野朗が豪州戦を展望「豊田の高さが活きる試合。柿谷との同時起用で二人の良さは発揮される」 2013.07.25

東アジア杯の2戦目、オーストラリア戦。エキスパートはどう展望するのか? J1での監督経験豊富な西野朗氏が試合を展望する。

中国戦を猛省する栗原勇蔵。次戦への決意と、そこに見える自身と代表の共通の課題

中国戦を猛省する栗原勇蔵。次戦への決意と、そこに見える自身と代表の共通の課題 2013.07.24

東アジア杯の中国戦。若手中心の日本代表において、キャップ数からもチームを牽引することを期待された栗原勇蔵。しかし、自身のミスもあり、3失点を喫した。本人は猛省し、次戦への意気込みを語るが、そこには栗原と代表、共通の課題が見えてくる。

豪州戦に向けてザックが徹底指導した“スローイン”。気づきにくいその重要性とは?

豪州戦に向けてザックが徹底指導した“スローイン”。気づきにくいその重要性とは? 2013.07.24

24日のオーストラリア戦を控えたザックジャパン。試合前練習でザッケローニ監督が徹底させたのが「スローイン」だった。見逃されがちなスローインの重要性とは?

西野朗が中国戦を徹底分析「守備は課題がまったく改善されていない。柿谷は次戦も見たい選手」

西野朗が中国戦を徹底分析「守備は課題がまったく改善されていない。柿谷は次戦も見たい選手」 2013.07.23

東アジア杯を戦う日本代表。エキスパートはどう見たのか? J1での監督経験豊富な西野朗氏が中国戦を分析する。

遠藤の“代役”青山が語る。Jリーガーがザックジャパンに生き残るために必要なこと

遠藤の“代役”青山が語る。Jリーガーがザックジャパンに生き残るために必要なこと 2013.07.23

ザックジャパンのレギュラーは海外組が中心だ。東アジア杯はJリーガーのみのメンバー構成だが、これまで招集されて来なかった選手たちが、W杯メンバーに食い込むのは容易なことではない。何が必要なのか? 中国戦で遠藤保仁のような役割を任された青山敏弘が語った。

なぜ日本のDFラインは下がってしまうのか? 後手に回る守備、押し込まれる要因を検証する

なぜ日本のDFラインは下がってしまうのか? 後手に回る守備、押し込まれる要因を検証する 2013.07.23

試合の終盤、ズルズルとDFラインが下がり押し込まれる。日本代表でよく見る光景だ。東アジア杯の中国戦でも繰り返され、2点のリードを守れなかった。ザックはDFラインを高くすることを要求しているが、なぜ下がってしまうのか?

コンフェデと同じ役割を新戦力に課したザック。レギュラー陣を脅かす存在と言えるのは誰か?

コンフェデと同じ役割を新戦力に課したザック。レギュラー陣を脅かす存在と言えるのは誰か? 2013.07.22

従来とはがらりとメンバーを変えた東アジア杯でのザックジャパン。しかし、選手に与えた役割はコンフェデと同様のものだった。レギュラー陣と同じ役目をさせることで、どれだけできるかを試したザッケローニ監督だが、果たしてそのお眼鏡に適った選手はいただろうか?

代表初先発で安定感を見せた森重真人。ザックジャパンで核となる“個”を見せることができたか?

代表初先発で安定感を見せた森重真人。ザックジャパンで核となる“個”を見せることができたか? 2013.07.22

東アジア杯の初戦、中国戦。守備の整備は日本代表の課題だが、この日のセンターバックは栗原勇蔵と森重真人。代表初先発となったFC東京の森重だが、そのパフォーマンスはどうだっただろうか?

2点差を追いつかれた中国戦。守り切れなかった責任は不甲斐ないベテランにある【どこよりも早い日本代表採点】 2013.07.22

東アジア杯の初戦、中国戦。日本代表は2点をリードしながら追いつかれ、3-3の引き分けに終わった。活躍した選手がいた一方で、アピール不足の選手もいた。

20130721_morishige

日本代表のセンターバックに食い込めるか? 森重真人に期待される「1対1」のディフェンス力 2013.07.21

21日に行われる東アジアカップ・中国代表戦で、センターバックとして出場が予想される森重真人。現在の代表に足りない「個人でボールを奪いきる力」を持った選手である森重は、メンバー争いに割って入ることができるのか?

20130721_sasaki

東アジアカップ・中国戦で2-0と完勝。早くも形になって現れた、なでしこジャパンが目指す攻撃の形 2013.07.21

20日に行われた東アジアカップ・中国代表戦で、なでしこジャパンは2-0と勝利した。若いメンバーの多い中国代表に対して、なでしこは貫禄ある戦いを見せた。また、今取り組んでいる「新しい攻撃の形」で得点を奪えたことが、今後の自信に繋がる試合となった。

覚醒した天才・柿谷曜一朗。“セレッソの8番”が背負うエースとしての使命

中国戦で予想される柿谷曜一朗の1トップ起用 ザッケローニ監督が柿谷に期待する仕事とは? 2013.07.20

中国戦の前日練習で柿谷曜一朗が1トップに入った。これまで大きな信頼を寄せられた前田遼一とはプレースタイルが異なる柿谷。ザッケローニ監督が柿谷に求めるプレーとは? そして柿谷が1トップに入った際、日本代表に起こる変化とは?

新着記事

FChan TV

↑top