日本代表

本田圭佑の強固な土台を築いた、星陵高校での3年間

本田圭佑の強固な土台を築いた、星稜高校での3年間 2013.01.12

ガンバ大阪ジュニアユースから星稜高校サッカー部へと進んだ本田圭佑。入部前からある種“異質”な雰囲気を出していた彼を、監督の河崎護氏、チームメートらはどう受け入れ、支えていったのか。当時の関係者の証言を基に本田の青春時代を振り返る。

フランス人ジャーナリストが斬る日本代表

フランス人ジャーナリストが斬る日本代表「ジャポンはスウェーデンやクロアチアと同じレベル」 2013.01.11

守勢に回ったとはいえ、日本代表は敵地でフランスに勝利した。「サンドニの悲劇の払拭」などと一部日本メディアは嬉々として報じたが、かの地フランスとは少々温度差があるようだ。敏腕ジャーナリストによる冷静な分析を聞いてみることにしよう。

佐々木則夫のマネジメント

佐々木則夫のマネジメント ~なでしこを統率した5つの経営者的マネジメントセンスを読み解く~ 2013.01.07

女子W杯優勝、ロンドン五輪準優勝を果たした佐々木則夫監督。2011年にアジア人として初めてFIFA女子世界最優秀監督賞を受賞し、2012年も同賞の最終候補の3名に選出されている。そこで今回は、なでしこジャパンが躍進した背景にある、指揮官の手腕を検証していく。

ザッケローニの手腕とマネジメント

ザッケローニの手腕とマネジメント ~気鋭の論客4人が徹底討論~(後編) 2013.01.04

『欧州遠征、本田ワントップ、ポゼッション傾倒への弊害…』
ザッケローニが日本代表の監督に就任してから2年が経過した。これまでのチームづくりは順調なのか、また欧州遠征で浮き彫りになった課題とは何か。指導者、ジャーナリストによる討論から日本代表の未来を占いたい。(構成:植田路生)

ザッケローニの手腕とマネジメント

ザッケローニの手腕とマネジメント ~気鋭の論客4人が徹底討論~(前編) 2013.01.03

『欧州遠征、本田ワントップ、ポゼッション傾倒への弊害…』
ザッケローニが日本代表の監督に就任してから2年が経過した。これまでのチームづくりは順調なのか、また欧州遠征で浮き彫りになった課題とは何か。指導者、ジャーナリストによる討論から日本代表の未来を占いたい。(構成:植田路生)

日韓サッカーについて考える

日韓サッカーについて考える―プラカード問題、因縁の歴史、ライバルとしての未来。(後編) 2013.01.01

ロンドン五輪での銅メダルを懸けた一戦。試合後に掲げられたハングルのプラカードが大きな話題となってしまったが、忘れてはならないのは、日韓で3位を争ったということだ。宿敵として切磋琢磨してきた両国だが、男子に限れば、主要大会で揃って上位に進出したことはなかった。五輪での戦いから日韓サッカーの歴史を振り返り、ライバルとしての両国の未来を占いたい。

日韓サッカーについて考える

日韓サッカーについて考える―プラカード問題、因縁の歴史、ライバルとしての未来。(前編) 2012.12.31

ロンドン五輪での銅メダルを懸けた一戦。試合後に掲げられたハングルのプラカードが大きな話題となってしまったが、忘れてはならないのは、日韓で3位を争ったということだ。宿敵として切磋琢磨してきた両国だが、男子に限れば、主要大会で揃って上位に進出したことはなかった。五輪での戦いから日韓サッカーの歴史を振り返り、ライバルとしての両国の未来を占いたい。

オリヴェイラが指摘する、ブラジルとの「僅差」を埋めるために必要なこと

オリヴェイラが指摘する、ブラジルとの「僅差」を埋めるために必要なこと 2012.12.30

『オリヴェイラが見たニッポンの未来』
ポーランドでブラジルに大敗した日本代表。未だ男子A 表は王国に勝利したことがない。ブラジルとの差はどこにあるのか。前鹿島アントラーズ監督で、日本とブラジル双方を知り尽くしているオズワルド・オリヴェイラが「その差」を指摘する。

異端の天才 金田喜稔の「超常識」

異端の天才 金田喜稔の「超常識」(後編) 2012.12.21

『破天荒に生きた名手からの叱咤激励』
型破りなプレーヤーとして、破天荒な時代を駆け抜けた金田喜稔氏は、日本の現状をどのように捉えているのだろうか? 「異端の天才」と呼ばれた男の持論を聞いた。

異端の天才 金田喜稔の「超常識」

異端の天才 金田喜稔の「超常識」(前編) 2012.12.20

『破天荒に生きた名手からの叱咤激励』
型破りなプレーヤーとして、破天荒な時代を駆け抜けた金田喜稔氏は、日本の現状をどのように捉えているのだろうか? 「異端の天才」と呼ばれた男の持論を聞いた。

「売国奴」と呼ばれて――。

「売国奴」と呼ばれて――。(後編)【サッカー批評 isuue59】 2012.12.16

『韓国五輪代表フィジカルコーチを務めた日本人、池田誠剛が語る「日韓戦の真実と葛藤」』
日本人で初めて韓国五輪代表のフィジカルコーチを務めた池田誠剛氏。「売国奴」「非国民」――ロンドン五輪の日韓戦後は様々な誤解もあり、一部の人から心ない誹謗中傷を受けた。彼はなぜ韓国に渡ったのか? そしてロンドンで去来した複雑な想いとは?あの日の舞台裏をいま、振り返る。

日本は「アジアのバルセロナ」を超えられるか?

〔アジアカップ総括〕日本は「アジアのバルセロナ」を超えられるか?【サッカー批評 issue50】 2012.12.12

『カタールで見えた日本のクオリティと課題』
サウジアラビア戦を除き、接戦に次ぐ接戦でアジアカップを制した日本代表。準備不足やコンディションの問題があるなかで最高の結果を残したことは称賛に値するが、まだまだ改善の余地はある。今大会で見えた日本のクオリティと課題を考察する。

日本代表のチーム作りに潜在する2つの難問

日本代表のチーム作りに潜在する2つの難問【サッカー批評 issue54】 2012.12.11

『ザッケローニのチーム設計が導き出す答えとは?』
一見順風満帆に見える日本代表だが、内包する課題も存在する。もしそれらの問題が表面化したときに何が起こるのか。2012年、新たなシーズンを前にそれらの難題を直視しておく必要がある。

「売国奴」と呼ばれて――。

「売国奴」と呼ばれて――。(前編)【サッカー批評 isuue59】 2012.12.11

『韓国五輪代表フィジカルコーチを務めた日本人、池田誠剛が語る「日韓戦の真実と葛藤」』
日本人で初めて韓国五輪代表のフィジカルコーチを務めた池田誠剛氏。「売国奴」「非国民」――ロンドン五輪の日韓戦後は様々な誤解もあり、一部の人から心ない誹謗中傷を受けた。彼はなぜ韓国に渡ったのか? そしてロンドンで去来した複雑な想いとは?あの日の舞台裏をいま、振り返る。

新着記事

FChan TV

↑top