星稜高校

20160107_Ohashi_Seiryo_Koga

本田を意識せず――。星稜快進撃を支える大橋滉平、G大阪での挫折をバネに抱く大志

ベスト4が出そろい、舞台を埼玉スタジアムに移していよいよクライマックスを迎える第94回全国高校サッカー選手権。開幕前の評価は決して高くなかった前回覇者の星稜(石川)は一戦ごとに強さを発揮し、戦後で8校目となる連覇の偉業達成へあと2勝と迫った。攻守両面で快進撃の中心を担っているのは、大先輩の本田圭佑(ACミラン)と同じガンバ大阪ジュニアユース出身のボランチ大橋滉平(3年)だ。

開幕戦は東福岡が2-0で都立三鷹に勝利! 【高校サッカー】

全国高校サッカー選手権参加者出身Jリーガーからみる各チームの特色

第94回全国高校サッカー選手権大会が12月30日に開幕する。冬の風物詩の1つである今大会に出場する48校の出身である現役Jリーガー(2015年シーズン最終登録選手)を調べた結果、211人が該当した。今回は関東と九州の代表校が出身者の数で上位を占め、3分の1は「出身者なし」となった。

個の力を集団で発揮するために――。本田圭佑を変えた星稜高校3年間のサッカー生活

個の力を集団で発揮するために――。本田圭佑を変えた星稜高校3年間のサッカー生活

アジアカップ予選リーグ3試合連続得点をあげる活躍を見せる本田圭佑。出身校である石川県の星稜高校サッカー部は12日に全国一を果たしたが、その星稜高校率いる河崎護監督の指導の中で本田はどう作り上げられていったのか。星稜高校の指導スタイルに迫る。(『高校サッカー監督術』より一部抜粋)

全国V星稜魂健在の本田&豊田。高校サッカーで培った精神力がアジアの頂点に導く

全国V星稜魂健在の本田&豊田。高校サッカーで培った精神力がアジアの頂点に導く

日本代表がアジア杯初戦でパレスチナを下した同日、本田圭佑と豊田陽平の母校・星稜高が初の全国制覇を果たした。Jユース重視の傾向が強まる現在でも、代表メンバーには高校サッカー出身者は多い。高校3年間で培った精神力が世界で通用することの証だ。

前橋育英に逆転勝利の星稜、河崎護監督に捧げる選手権初優勝!【高校サッカー】

前橋育英に逆転勝利の星稜、悲願の選手権初優勝!【高校サッカー】

第93回全国高校サッカー選手権大会決勝で石川県代表の星稜対群馬県代表の前橋育英が激突。4-2で星稜が初優勝を果たした。

ドラマや紅白を抜いた高校サッカー。ドラマティックな展開に瞬間最高視聴率60%超え!

ドラマや紅白を抜いた高校サッカー。ドラマティックな展開に瞬間最高視聴率60%超え!

初の北陸対決となった高校サッカー決勝戦。富山第一対星稜戦の対決は、延長戦の末に富山第一が勝利。終盤に2点差を追いついて逆転するドラマティックな展開はサッカーファンならずとも、多くの人を魅了した試合となった。

新着記事

↑top