林陵平

ミゲル・アンヘル・ロティーナ

東京Vはプラン“崩壊”でも勝つ。10人で激闘を制したロティーナ式の真価、11年ぶりのJ1昇格へ

東京ヴェルディは25日、J1参入プレーオフの1回戦で大宮アルディージャを破った。退場者を出しながらも1-0で逃げ切ることができたのは、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督が仕込んできたサッカーがチーム全体に浸透していたからこそ。11年ぶりのJ1昇格に向けて、自信を深めた激戦を振り返る。(取材・文:舩木渉)

新着記事

FChan TV

↑top