清水エスパルス

「オレンジをクラブカラーにするチームは、J2降格がない」のジンクスに陰りか? 3クラブとも低迷で後半戦へ

「オレンジをクラブカラーにするチームは、J2降格がない」のジンクスに陰りか? 3クラブとも低迷で後半戦へ

次節からJ1リーグは後半戦へと突入する。優勝争いとともに注目されるのが残留争いだ。下位3チームがJ2に自動降格となるシステムは、ときに悲喜こもごものドラマを生む。

浦和GK西川、7試合連続無失点記録樹立、連続無失点時間は単独2位。目指すは「クモ男」!

浦和GK西川、7試合連続無失点記録樹立、連続無失点時間は単独2位。目指すは「クモ男」!

J1第17節で首位・浦和レッズが最下位・徳島ヴォルティスに2-0で完勝。この完封により、浦和レッズはJ1では新記録となる7試合連続無失点を達成した。

清水公式ツイッターが『、』のみの謎ツイート。大敗のショックか、ファンは心配

清水公式ツイッターが『、』のみの謎ツイート。大敗のショックか、ファンは心配

前節まで清水エスパルスは、リーグ戦6試合勝ちなし。前節川崎フロンターレ戦では、ホームで0-2と完封負けを喫し、試合後にはサポーターからも厳しいブーイングが飛んでいた。

201405_j1_lab

2014J1 4月ベストイレブン

「FootballLAB」が選ぶ4月のJ1のベストイレブンは下図の通りとなりました。

20140329_abe

犠牲になった4万人、浦和への処分は妥当か?「JAPANESE ONLY」より悪質なこと

先週、差別的な横断幕により無観客試合の処分を受けた浦和レッズ。果たしてこの処分は妥当なのか? 以前にはそれよりも悪質なことをしていたのではないだろうか。

20140329_takagi_kaieda

2015年の君たちは――。東京ヴェルディユース、花の92年組を追って:第6回 高木善朗(清水エスパルス)

眩い光を放った東京ヴェルディユースの92年組。プロに進んだ者もいれば、大学に進んだ者もいる。彼らの足跡を追う。

【J1第5節プレビュー】堅守の横浜FMと鹿島による上位対決

【J1第5節プレビュー】堅守の横浜FMと鹿島による上位対決

開幕3連勝の鹿島と横浜FMが4節にそろって完封負けを喫し、無敗のチームが早くも消滅。今季も混戦を予感させるJ1の5節は、3月28日と29日に開催される。注目カードは、横浜FMが日産スに鹿島を迎えてのホームゲーム。両者にとって仕切り直しの一戦が、そのまま首位攻防戦となる。

20130518_urawa

虚無感に包まれた埼玉スタジアム。無観客試合によって再認識したJリーグの魅力と進むべき道

Jリーグ史上初の無観客試合となったJ1第4節の埼玉スアジアム。試合当日のスタジアムの様相は? 原口元気が感じた違和感、対戦相手となったアフシン・ゴトビ監督の思いとは? この事件が与えたJリーグ、日本サッカー界への影響は?

浦和「差別行為」問題、無観客試合には「妥当」の意見多数。毎年とばっちりの清水サポには同情も

浦和「差別行為」問題、無観客試合には「妥当」の意見多数。毎年とばっちりの清水サポには同情も

13日、Jリーグが浦和の横断幕問題をめぐり、浦和レッズに対して3月23日の対戦カードを「無観客試合」にする処分を下した。Jリーグ史上で最も重い処分となったが、Yahoo! ニュースでは“浦和への「無観客試合」の処分は妥当?”という意識調査を実施。

【J1第3節プレビュー】好調の鳥栖と鹿島。単独首位はどちらの手に

【J1第3節プレビュー】好調の鳥栖と鹿島。単独首位はどちらの手に

J1の3節が3月15日に開催される。2節の終了時点で連勝は4チーム。得失点差で1位タイの鳥栖と鹿島は、単独首位を懸けてベアスタで激突する。首位と同勝点で4位の広島はホームでの連戦。Eスタで浦和との「因縁対決」を迎える。今回は上記の注目カードを含めた3試合をピックアップした。

スタートダッシュがかかったJ1第2節。注目のカードは?

スタートダッシュがかかったJ1第2節。注目のカードは?

J1リーグ第2節。開幕前、多くのチームが口にする「スタートダッシュ」。そこに成功するチームはどこか。そこで、今回は開幕戦を白星で飾ったチーム同士のカードを注目したい。

清水エスパルス、2014補強診断。大前、高木、ノヴァコと強力攻撃陣の一方で守備には大きな不安

清水エスパルス、2014補強診断。大前、高木、ノヴァコと強力攻撃陣の一方で守備には大きな不安

フットボールチャンネルでは、Jリーグ開幕に向けて、Jクラブの補強動向を診断していく。今季の目標に向けて、効果的な補強を行うことができたクラブはどこなのか。ノヴァコヴィッチを獲得し、ゴトビ体制4年目を迎える清水エスパルスを占う。

新着記事

↑top