岩政大樹

190315_iwamasa_editor

中村憲剛はいつも私を見ていた。それはなぜか? “スルーパス”をめぐる極限のにらみ合い【岩政大樹・駆け引きの極意 後編】

岩政先生の愛称で親しまれる元日本代表の頭脳派・岩政大樹が、いつも以上の集中を擁していたという川崎フロンターレMF中村憲剛との駆け引きを振り返る。3/18発売の最新刊『FOOTBALL INTELLIGENCE 相手を見てサッカーをする』から、一部抜粋して前後編で公開する。今回は後編。(文:岩政大樹)

190315_iwamasa_editor

中澤佑二と闘莉王は“楽しみで怖い相手”だった。日本最強コンビの全く異なる戦法とは?【岩政大樹・駆け引きの極意 前編】

岩政先生の愛称で親しまれる元日本代表の頭脳派岩政大樹が、セットプレーの際に対戦が楽しみで怖い相手だったという中澤佑二氏と田中マルクス闘莉王氏との駆け引きを振り返る。3/18発売の最新刊『FOOTBALL INTELLIGENCE 相手を見てサッカーをする』から、一部抜粋して前後編で公開する。今回は前編。(文:岩政大樹)

190315_iwamasa_editor

“日本サッカーの当たり前”とは? 「自分たちのサッカー」に“相手”が存在するために【岩政大樹・相手を見るサッカー(後編)】

元日本代表が自ら筆をとり、「相手を見てサッカーをする」を徹底的に言語化! 岩政先生の愛称で親しまれる元日本代表の頭脳派・岩政大樹が、具体的な方法論を提示しながら、サッカーの本質に鋭く迫った3/18発売の最新刊『FOOTBALL INTELLIGENCE 相手を見てサッカーをする』から、発売に先駆けて序章を前後編で公開する。今回は後編。(文:岩政大樹)

190315_iwamasa_editor

なぜ、日本サッカーは「相手を見ていない」のか? 日本全体に伝染した弊害【岩政大樹・相手を見るサッカー(前編)】

元日本代表が自ら筆をとり、「相手を見てサッカーをする」を徹底的に言語化! 岩政先生の愛称で親しまれる元日本代表の頭脳派・岩政大樹が、具体的な方法論を提示しながら、サッカーの本質に鋭く迫った3/18発売の最新刊『FOOTBALL INTELLIGENCE 相手を見てサッカーをする』から、発売に先駆けて序章を前後編で公開する。今回は前編。(文:岩政大樹)

日本代表

サッカー界にはびこる無意味な議論。W杯ベルギー戦に見るプレーの本質【岩政大樹・真の戦術論 後編】

たとえば日本代表とベルギー代表の雌雄を決した「ロストフの14 秒」を論じるとき、その指摘は結果論になっていないだろうか。解説者として活躍する元日本代表の岩政大樹氏は、まず問うべきは「原則」であると説く。2月6日発売の「フットボール批評issue23」から一部を抜粋して前後編で公開する。今回は後編。(文:岩政大樹)

岩政大樹

サッカー談議は、なぜいつも結果論なのか? W杯ベルギー戦を正しく論じる【岩政大樹・真の戦術論 前編】

たとえば日本代表とベルギー代表の雌雄を決した「ロストフの14 秒」を論じるとき、その指摘は結果論になっていないだろうか。解説者として活躍する元日本代表の岩政大樹氏は、まず問うべきは「原則」であると説く。2月6日発売の「フットボール批評issue23」から一部を抜粋して前後編で公開する。今回は前編。(文:岩政大樹)

181102_iwamasa_editor

3バックの新たな守備戦術とは? 名DFが解説する3-5-2システムの“狙い”【岩政大樹の守備解体新書】

どの時代のフットボールでも多数派となってきた「4-4-2」。11/6発売の『フットボール批評issue22』では、元日本代表の岩政大樹氏が4-4-2が主流であり続ける理由とともに、「4-4-2以外」の中から3バックの守備戦術を解説している。一部を先行して公開する。(文:岩政大樹)

181102_iwamasa_editor

なぜ4-4-2は主流であり続けるのか? 名DFが解説する守備戦術の本質【岩政大樹の守備解体新書】

どの時代のサッカーでも多数派となってきた「4-4-2」。11/6発売の『フットボール批評issue22』では、元日本代表の岩政大樹氏が現代サッカーの守備戦術とトレンドを読み解きながら、4-4-2が主流であり続ける理由を解説している。一部を先行して公開する。(文:岩政大樹)

新着記事

FChan TV

↑top