二宮寿朗

1972年、愛媛県生まれ。日本大学法学部卒業後、スポーツニッポン新聞社に入社。ボクシング、格闘技、ラグビー、サッカーなどを担当。2006年に退社して文藝春秋社「Number」編集部を経て、スポーツライターとして独立。著書に『闘争人~松田直樹物語』(三栄書房)、『岡田武史というリーダー』(ベスト新書)がある。現在「Number WEB」にて日本代表コラム「2014年、ブラジルへ」を連載中」

中村俊輔という知性 王から見えるチームの変化

中村俊輔という知性 王から見えるチームの変化

シーズン開幕前、横浜F・マリノスについて選手の平均年齢の高さを懸念する声が多くあった。だが、その懸念をものともせずに、チームは躍進を続けている。中村俊輔が語るチームの変化とは?

岡田武史の挑戦 日本人監督の可能性とは?

岡田武史の挑戦 日本人監督の可能性とは?【サッカー批評 issue58】

日本人監督という括りの中で、実績からみて、岡田武史を超える監督はいない。Jリーグ2連覇、W杯ベスト16と輝かしい結果を残している。日本人監督の可能性を考えるうえでのヒントとして、岡田武史の特性を読み解いていく。

新着記事

↑top