ロシオ・ゲバラ

アンダルシアの2大クラブであるセビージャ、ベティスの取材など、同地で15年にわたってスポーツ報道に携わる。これまでに『アス』、『ラジオ・マルカ』、『カデナ・コペ』などで記者を務め、現在は『マルカ』のアンダルシア支局に勤務。

セビージャで監督を務めているホルヘ・サンパオリ

メッシを指導するという夢。アルゼンチン代表新監督はセビージャ指揮官が既定路線に

16/17シーズン、セビージャの監督を務めているホルヘ・サンパオリ。今季前半戦は日本代表MF清武弘嗣も指導したアルゼンチン人指揮官だが、今夏からは困難な状況にある母国の代表チームを率いることになりそうだ。この決断の裏には、その仕事を引き受けることで可能になる「夢」があるという。(取材・文:ロシオ・ゲバラ【セビージャ/マルカ】、翻訳:フットボールチャンネル編集部、協力:江間慎一郎)

セビージャのスポーツディレクターを辞することになったモンチ

清武も獲得、欧州屈指の敏腕スカウトとセビージャの離別。約200億円の黒字生んだモンチ伝説

セビージャの敏腕スポーツディレクターとして知られるラモン・ロドリゲス・ベルデホ、通称モンチ。才能あふれる選手を比較的安価で補強し、売却時には高額の移籍金を得るサイクルを作り上げ、クラブに数多くのタイトルと多額の黒字をもたらした。昨夏には日本代表MFの清武弘嗣も獲得した敏腕スカウトだが、このたびアンダルシアのクラブを去ることになった。ここにその功績を振り返る。(取材・文:ロシオ・ゲバラ【セビージャ/マルカ】、翻訳:フットボールチャンネル編集部、協力:江間慎一郎)

セレッソ大阪への移籍が決まった清武弘嗣

清武、C大阪復帰の真実。「クオリティーとは一切関係ない」。セビージャの敏腕スカウトが送るエール【独占取材】

セビージャからセレッソ大阪への復帰が決まった清武弘嗣。4年半ぶりに古巣に復帰することとなったが、今回の移籍交渉はどのように進んだのだろうか。日本代表MFのクオリティーを評価し、セビージャに招き入れた欧州屈指の敏腕スカウト、モンチ氏を直撃した。(取材・文:ロシオ・ゲバラ【セビージャ/マルカ】、翻訳:フットボールチャンネル編集部、協力:江間慎一郎)

セビージャからセレッソ大阪への移籍が決定的となった清武弘嗣

清武、C大阪復帰で基本合意。移籍金は約6億円で1日にも正式発表。スペインでの冒険は終幕へ

ここ数日、日本復帰の噂が上がっていたセビージャのMF清武弘嗣だが、古巣・セレッソ大阪への移籍が1日にも正式に発表されそうだ。シーズン当初こそ良いスタートを切ったものの、日本代表MFが経験したスペインでの冒険は厳しいものだった。(取材・文:ロシオ・ゲバラ【セビージャ/マルカ】、翻訳:フットボールチャンネル編集部、協力:江間慎一郎)

セビージャのMF清武弘嗣。日本復帰はあるのか

清武獲得に向け、セレッソが再オファーへ。セビージャに安売りの意思なし。合意は得られるか

1月31日をもってクローズするリーガエスパニョーラ冬の移籍市場。ドイツ、アメリカ、日本のクラブからの関心が噂されるセビージャの清武弘嗣だが、その去就はどうなるのだろうか。サガン鳥栖、ヴィッセル神戸など具体的なJクラブの名前も挙がっているが、現地時間30日、セレッソ大阪から日本代表MFの獲得に向けて再オファーが届きそうだ。(取材・文:ロシオ・ゲバラ【セビージャ/マルカ】、翻訳:フットボールチャンネル編集部、協力:江間慎一郎)

清武弘嗣

清武、日本移籍の可能性が急浮上。本人の希望に敬意払うセビージャ。期限付きの容認も

セビージャの清武弘嗣の移籍がEU圏外枠の関係もあり濃厚となってきた。清武獲得にはアメリカ、MLSのシアトル・サウンダーズやブンデスリーガのマインツなどが意欲を示したが、本人の移籍希望先は日本だという。清武の未来は果たしてどうなるのか。冬の移籍市場が閉まる残る数日の行方から目が離せない。(取材・文:ロシオ・ゲバラ【セビージャ/マルカ】、翻訳:フットボールチャンネル編集部、協力:江間慎一郎)

PKを沈めた後、挑発的なパフォーマンスを行ったセルヒオ・ラモス

古巣の本拠地全てを敵に回したS・ラモス。レアル主将とセビージャ、あまりにも明白な亀裂

セビージャの本拠地サンチェス・ピスファンでPKを沈めた後に挑発的なゴールパフォーマンスを行い、古巣サポーターの怒りを買ったセルヒオ・ラモス。レアル・マドリーのキャプテンは、下部組織時代を過ごした “自らの家”でなぜこのような“事件”を起こしてしまったのだろうか。その背景には、様々なものが複雑に絡み合っている。(取材・文:ロシオ・ゲバラ【セビージャ/マルカ、翻訳:フットボールチャンネル編集部】)

セビージャで思うような出場機会が得られないMF清武弘嗣

清武弘嗣、移籍か、残留か。セビージャの2列目は人員過多。番記者の見通しは?【現地記者の目】

2016/17シーズンからリーガエスパニョーラのセビージャでプレーしている清武弘嗣。サンパオリ新監督のもとリーグ2位につけるなど、クラブが好調な歩みを進めるいっぽうで、日本代表MFはなかなか思うようなプレー機会を得られていない。移籍に関する噂が立っているが、実際のところはどうなのだろうか。スペイン・マルカ紙のセビージャの番記者が紐解く。(取材・文:ロシオ・ゲバラ【セビージャ/マルカ、翻訳:フットボールチャンネル編集部】)

セビージャのMF清武弘嗣。今冬の移籍はあるのか?

清武、今冬の移籍は? 日本代表MFめぐるセビージャの動向。放出候補の選手たち【現地記者の目】

セビージャに所属する日本代表MF清武弘嗣。シーズン序盤こそ出番を得ていたものの、徐々に出場機会を得られなくなり、冬の移籍市場で放出かという噂も出ている。実際に今冬の移籍はあるのだろうか。スペイン・マルカ紙のセビージャ番記者が紐解く。(取材・文:ロシオ・ゲバラ【セビージャ/マルカ】、翻訳:フットボールチャンネル編集部)

バレンシア戦でリーガでは久々の出場機会を得た清武弘嗣

清武、2ヶ月ぶりリーガ復帰戦で価値を証明。勝負の数週間へ。気になる元エースの動向【現地記者の目】

11月26日、リーガエスパニョーラ第13節バレンシア戦で後半から出場の機会を得たセビージャのMF清武弘嗣。2ヶ月以上も遠ざかっていたリーガのピッチにようやく戻ってきた日本代表MFは、試合勘の欠如からか何度かミスを犯す場面があったものの、能力の高さを見せつけた。過密日程が続く今後数週間は、清武にとって勝負の期間となりそうだ。(取材・文:ロシオ・ゲバラ【セビージャ/マルカ】/翻訳:フットボールチャンネル編集部)

もはや日本代表では攻撃の軸になっている清武弘嗣

清武がセビージャで起用されない理由。語学力の問題なのか。苦難続くもクラブは放出の考えなし【現地記者の目】

日本代表で際立った活躍を見せているも、所属クラブであるセビージャでは出場機会に恵まれていない清武弘嗣。シーズン序盤は良いプレーを見せていたものの、招集外やベンチを暖める機会が多くなり、冬の移籍市場での放出も噂されるようになってきた。清武に立ちはだかる壁は何なのか。クラブ関係者への取材から紐解く。(取材・文:ロシオ・ゲバラ【セビージャ/マルカ】、翻訳・編集:江間慎一郎【マドリード】)

CLディナモ・ザグレブ戦で途中出場したセビージャの清武弘嗣

清武、待望のCLデビュー。指揮官は「代表招集」への不満を吐露も、冬の放出は無し【現地記者の目】

UEFAチャンピオンズリーグ、グループステージ第4節ディナモ・ザグレブ戦で、久々にセビージャでの出場機会を得た清武弘嗣。最近はベンチ外も経験してきたが、クラブは冬の移籍市場での放出を考えていないという。ホルヘ・サンパオリ監督は日本代表招集への不満を口にしたが、11月の代表ウィークが終われば、3月まではクラブでの活動に専念できる。ここから序列を上げることはできるだろうか。(取材・文:ロシオ・ゲバラ【セビージャ/マルカ】、翻訳:フットボールチャンネル編集部)

セビージャのMF清武弘嗣

清武を取り巻く不確定要素。ローテーション、代表戦の影響。再び監督の選択肢に入れるか【現地記者の目】

2つのスーパーカップに出場し、リーガ開幕戦でもゴール・アシストを決めたセビージャの清武弘嗣。新天地で順調なスタートを切ったかと思われたが、ここ最近は出場機会の得られない日々が続いている。チームが順調に勝ち点を積み重ねているいっぽうで、日本代表MFを取り巻く状況は不確定要素の多いものとなっている。(取材・文:ロシオ・ゲバラ【セビージャ/マルカ】、翻訳:フットボールチャンネル編集部)

リヨン戦でもCLデビューはならなかった清武弘嗣

清武、出番なし続くも機会は来る。ナスリら実力者との競争。出場時に輝くための準備を【現地記者の目】

UEFAチャンピオンズリーグ、グループステージ第2節リヨン戦でベンチ入りするも出場機会の得られなかった清武弘嗣。CLデビューはならず、ここのところ出番なしが続いている。だが、日本代表MFは適応に失敗しているわけでも、サンパオリ監督の信頼を失っているわけでもない。競争相手には名手が揃っているが、セビージャの背番号14にもチャンスは訪れるだろうと指揮官は語っている。(取材・文:ロシオ・ゲバラ【セビージャ/マルカ】、翻訳:フットボールチャンネル編集部)

ユベントス戦ではCLデビューを果たせなかった清武だが、リヨン戦では出場機会があるだろうか

清武、リーガ2戦連続出番なし。ローテーションは必要なのか。CLリヨン戦が新たな試験に【現地記者の目】

アウェイでのアスレティック・ビルバオ戦で、リーガエスパニョーラ開幕後初となる黒星を喫したセビージャ。日本代表MFの清武弘嗣はベティスとのダービーマッチにひき続き、出場機会を得られなかった。アルゼンチン指揮官、ホルヘ・サンパオリは試合ごとに大きく陣容を変えているが、そのようなローテーションは必要なのだろうか。(取材・文:ロシオ・ゲバラ【セビージャ/マルカ】、翻訳:フットボールチャンネル編集部)

新着記事

↑top