清武獲得に向け、セレッソが再オファーへ。セビージャに安売りの意思なし。合意は得られるか

1月31日をもってクローズするリーガエスパニョーラ冬の移籍市場。ドイツ、アメリカ、日本のクラブからの関心が噂されるセビージャの清武弘嗣だが、その去就はどうなるのだろうか。サガン鳥栖、ヴィッセル神戸など具体的なJクラブの名前も挙がっているが、現地時間30日、セレッソ大阪から日本代表MFの獲得に向けて再オファーが届きそうだ。(取材・文:ロシオ・ゲバラ【セビージャ/マルカ】、翻訳:フットボールチャンネル編集部、協力:江間慎一郎)

2017年01月30日(Mon)19時03分配信

text by ロシオ・ゲバラ photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

現地時間30日中にセレッソが再度オファーを提示か

セビージャのMF清武弘嗣。日本復帰はあるのか
セビージャのMF清武弘嗣。日本復帰はあるのか【写真:Getty Images】

 明日1月31日火曜日には冬季の移籍市場が閉じるが、リーガエスパニョーラを離れる可能性のある選手の一人である清武弘嗣の未来は依然として不透明なままだ。ここ数日、サガン鳥栖やヴィッセル神戸、セレッソ大阪などのクラブが日本代表MFの状況に関心を示し、セビージャに問い合わせを行っている。

 29日の時点では具体的な取引がまとまることはなかったが、セビージャには、30日中にセレッソ大阪から清武獲得に向けた新たなオファーが届くことになるという確信がある。

 清武がブンデスリーガに挑戦する前に所属していた古巣クラブは、今すぐに再び彼を迎え入れることに強い関心を示している。昨年夏にハノーファーから約600万ユーロで清武を獲得したセビージャとしては、彼を他クラブにプレゼントするようなつもりはないとはいえ、退団合意に向けてオファーに耳を傾ける意志はある。

 清武はセビージャの町で幸福に過ごしているし、チームの他のメンバーともうまく付き合っている。リーガエスパニョーラで勝利を手にすることが彼の願いではあったが、ここ2ヶ月はほとんどチャンスを得ることもできていない。

1 2

新着記事

↑top