セレッソ大阪

西川潤

久保建英を「追い越せる存在に」なるため。セレッソ大阪、西川潤が胸に抱く果てなき向上心【東京五輪世代の今(12)】

新型コロナウィルス感染拡大の影響でJリーグの再開時期が未定になり、東京五輪は今夏の開催が見送られることが決まった。思いがけずおとずれた中断期間に、東京五輪世代の選手たちは何を思うのか。今季からセレッソ大阪に正式加入した西川潤にその胸中を聞いた。(取材・文:元川悦子、取材日:2020年1月30日および2月16日)

0403Kagawaclub_getty

香川真司、所属クラブ歴代ポジション。セレッソ大阪、ドルトムント、マンU…共演した数々のスターたち

香川真司のキャリアは輝きに満ち溢れている。20歳でJ2得点王に輝き、21歳で伝統あるボルシア・ドルトムントに移籍。マンチェスター・ユナイテッドではプレミアリーグ優勝を経験している。今回は、香川が16歳でセレッソ大阪に加入してから現在に至るまでの活躍を、所属したクラブごとに振り返っていきたい。

0403Kagawadaihyo_getty

香川真司、日本代表歴代ポジション。岡田武史、ザック、ハリル…歴代指揮官は背番号10をどう起用したのか?

2008年に日本代表でデビューした香川真司は、長年に渡って伝統ある背番号10を背負い続けた。12年間で歴代11位となる97試合に出場し、同6位の31得点をマークしている。今回は、日本代表での香川の活躍を、歴代指揮官ごとにフォーメーションとともに振り返っていきたい。

20200402_bundesligapromising_getty

ブンデスリーガの消えた逸材たち。天国から地獄へ…才能を開花させられなかった5人の選手

才能を高く評価されていても、真の意味でスターになれるのはほんのひと握り。若くして華々しいデビューを飾りながら、サッカー界の厳しい競争に晒された末に才能を開花させられないまま転落していった逸材たちは無数にいる。今回は21世紀に表舞台から儚く消えていったドイツ・ブンデスリーガ出身の5人の“元逸材”たちを紹介する。

0107Cerezo_getty

セレッソ大阪、5年間の歴代フォーメーション。J2時代にフォルランが退団、劇的すぎるルヴァン杯&天皇杯制覇

Jリーグの各クラブは、毎年メンバーを変えながらシーズンを戦っている。5年前と比べると、ほとんどのチームでメンバーの大半が入れ替わっている。今回、フットボールチャンネルでは、セレッソ大阪の過去5年間の主要メンバーや基本システムをシーズンごとに紹介していく。

0107Cerezo_getty

セレッソ大阪、鉄壁のDF陣は全員残留したが…。スコアラー不在で得点力不足は拭えず【2020年J1補強診断】

2020年のJ1リーグが間もなく開幕する。新シーズンに向け各クラブはどのような補強を行ったのだろうか。今回は、昨シーズン5位だったセレッソ大阪を取り上げる。(文:編集部)

20200207_focus_getty

J1新加入期待の外国人選手5人(2)。U-23豪州代表DF、ブラジルからは続々と刺客が日本へ!

今季のJリーグが間もなく開幕する。どのチームも戦力補強に余念がなく、多くの選手が新天地を求めた。そして、日本に活躍の場を移した外国人選手も多い。それぞれのチームで彼らはどのようなパフォーマンスを見せるだろうか。今回フットボールチャンネルでは、J1クラブに加入した新たな外国人選手を5人紹介する。

新着記事

↑top