戸塚啓

1968年生まれ。サッカー専門誌編集者を経て、98年9月からフリーランスに。ワールドカップは98年から4大会連続で取材中。日本代表の国際Aマッチは、2000年3月から203試合連続で取材中(11年11月の北朝鮮戦を除く)。近著に『攻めきる~指揮官西野朗の覚悟』(アートヴィレッジ)。

史上初のアジア2連覇!! ミゲル・ジャパンのリスクと背中合わせの“決断”が、連覇を呼び寄せた

史上初のアジア2連覇!! ミゲル・ジャパンのリスクと背中合わせの“決断”が、連覇を呼び寄せた

AFCフットサル選手権にて、史上初の2連覇を成し遂げたフットサル日本代表。率いるのはスペイン人のミゲル・ロドリゴ監督だ。2009年の就任以来、選手たちの意識改革を行ってきたことが、アジア2連覇という結果につながった。

西野朗が監督視点で語る2ステージ制

西野朗が監督視点で語る2ステージ制

最新号の『サッカー批評issue65』(双葉社)では「2ステージ+ポストシーズン制」について西野朗氏にインタビューを行っている。柏レイソル監督時代に年間最多勝ち点をあげながらチャンピオンシップに出場できず、またガンバ大阪監督時代に1ステージ制での優勝も経験している西野氏は、2ステージ制の導入でどういったことが起こると見ているのか。一部を抜粋して紹介する。

手倉森誠監督の覚悟――6年目を迎えるテグ流マネジメントの真髄(後編)

手倉森誠監督の覚悟――6年目を迎えるテグ流マネジメントの真髄(後編)

J1の昇降格争いをする立場から、優勝戦線に加わったべガルタ仙台。今年で監督就任6年目を迎えた手倉森誠監督はどのような哲学をもとにチームを作り上げてきたのか。また日本における監督の立場、現状とはどのようなものなのか。話を聞くため仙台に足を運んだ。

手倉森誠監督の覚悟――5年目を迎えるテグ流マネジメントの真髄

手倉森誠監督の覚悟――6年目を迎えるテグ流マネジメントの真髄(前編)

J1の昇降格争いをする立場から、優勝戦線に加わったべガルタ仙台。今年で監督就任6年目を迎えた手倉森誠監督はどのような哲学をもとにチームを作り上げてきたのか。また日本における監督の立場、現状とはどのようなものなのか。話を聞くため仙台に足を運んだ。

稲本潤一が超えてきた日本人の壁 ~海外でプレーする選手に求められること~

稲本潤一が超えてきた日本人の壁 ~海外でプレーする選手に求められること~(後編)

まだ「海外組」が希少な時代、欧州でプレーするということはどれだけ大変だったのか。そして、欧州への移籍が頻繁になったいま、海外で成功するために選手が考えるべきことは何か。欧州4ケ国を渡り歩き、9シーズンプレーしてきた稲本潤一(川崎フロンターレ)に話を聞いた。

稲本潤一が超えてきた日本人の壁 ~海外でプレーする選手に求められること~

稲本潤一が超えてきた日本人の壁 ~海外でプレーする選手に求められること~(前編)

まだ「海外組」が希少な時代、欧州でプレーするということはどれだけ大変だったのか。そして、欧州への移籍が頻繁になったいま、海外で成功するために選手が考えるべきことは何か。欧州4ケ国を渡り歩き、9シーズンプレーしてきた稲本潤一(川崎フロンターレ)に話を聞いた。

新着記事

↑top