X・アロンソ、ペップ監督の勧誘でバイエルン移籍を決断「レアルを去るのは容易な判断ではなかった」

2014年10月15日(Wed)17時18分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

X・アロンソ、ペップ監督の勧誘でバイエルン移籍を決断「レアルを去るのは容易な判断ではなかった」
シャビ・アロンソ【写真:Getty Images】

 今季レアル・マドリーからバイエルン・ミュンヘンへ移籍したMFシャビ・アロンソは、ドイツ複数メディアのインタビューに対してマドリー退団の理由を明かした。

「スペインでは色々と討論があったが僕は新たなスタートが欲しかった。クロースの獲得とは全く関係ない。アンチェロッティ監督は僕を信頼していたし、マドリーでは問題は無かった。容易な判断ではなかったけどあの時がベストタイミングだと思った」

 さらに、移籍先としてバイエルンを選択したことについては「ペップ・グアルディオラ監督は僕を必要としていた。僕にとってそれがとても重要だった。アンチェロッティ監督も信頼してくれていたけど、CLで優勝して新たな挑戦を探し求めていた」と語った。

 とはいえ、グアルディオラ監督がバルセロナを率いていた当時、クラブ間では緊迫した関係にあったことも事実。それでも、現在では「何時間も働き、常に新たなアイディアが浮かぶ監督だ。彼の下では沢山学んでいるよ」と尊敬の念を抱いていることを明かした。

 また、リーガエスパニョーラとブンデスリーガの違いを語ると同時に、バイエルンとレアルのプレースタイルの違いについても触れた。

「大きな違いがあるよ。ブンデスリーガではより速く、フィジカルが求められる。フィットするには慣れる必要がある。スペインのプレーはもっと遅いけどよりテクニカルだ。ブンデスリーガはプレミアリーグと比較できる。

 バイエルンのプレースタイルはレアル・マドリーとは全く違う。ここでは最適のシュートチャンスを探す為、プレーメイクがもっと遅い。クリスティアーノ・ロナウドやベイルがいるマドリーではより速いプレーが求められる」

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

勝ち続ける男モウリーニョ
ヴェンゲル・コード アーセナル、その理想の行方
ペップの狂気 妥協なき理想主義が生むフットボールの究極形
サッカー好きほど知らない戦術の常識
グアルディオラが受け継いだ戦術フィロソフィー
ドイツが独自に試みる「個」へのアプローチ「ライフキネティック」理論とは何か?
一流フットボーラーがリアルに語る「個」の戦術論

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top