12年で8度のクビ! CL優勝監督も切ったレアルの“強権”ペレス会長。“被害者”には世界的名将ずらり

レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は25日、カルロ・アンチェロッティ監督の解任を発表した。2000年6月に初めてマドリーの会長に就任し、2006年2月に成績不振を理由に辞任。そして2009年6月に再び同職に復帰したペレス会長は、これまで多くの監督の首を切ってきた。

2015年05月26日(Tue)16時04分配信

text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , ,

2度の政権で8人の監督を首にしたペレス会長

12年で9度のクビ! CL優勝監督も切ったレアルの“強権”ペレス会長。“被害者”には世界的名称ずらり
これまで8人の監督を首にしてきたレアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長【写真:Getty Images】

 レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は25日、カルロ・アンチェロッティ監督の解任を発表した。

 2000年6月に初めてマドリーの会長に就任し、2006年2月に成績不振を理由に辞任。そして2009年6月に再び同職に復帰したペレス会長は、これまで多くの監督の首を切ってきた。

 最初の犠牲者は1999年11月から指揮を執っていたビセンテ・デル・ボスケ監督だった。4年間で、リーガエスパニョーラ優勝2回、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)優勝2回、インターコンチネンタルカップ優勝1回など、素晴らしい成績を残していたが、あえなく解任となった。

 ペレス会長は「銀河系軍団」実現の裏でフェルナンド・モリエンテスやクロード・マケレレといった功労者たちを放出し、デル・ボスケ監督も「将来的に適切な監督ではない。我々はより戦術を重要視した人物を探している」として契約を解除した。

 2003年夏にはマンチェスター・ユナイテッドでアシスタントコーチを務めていたカルロス・ケイロス監督を引き抜いたが、リーグ戦4位で無冠に終わったため1年で解任。

 翌シーズンを任されたホセ・アントニオ・カマーチョ監督はリーグ戦6試合で4勝2分、無敗にもかかわらず、CLで連敗を喫した直後に辞任を発表し、アシスタントコーチのマリアーノ・ガルシア・レモンに職を譲った。

 ともにクラブのレジェンドであるカマーチョとレモンは、それぞれ4ヶ月と3ヶ月でマドリーを離れている。

1 2 3

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top