レアルが手放した10人の選手。移籍先でタイトルを獲得したビッグネーム達

タイトル優勝が常に義務付けられているレアル・マドリーでは、結果を出さなければ即アウト。しかし、時には結果を出しつつも酷な扱いを受ける時もある。ここでは、マドリーに手放されながらも移籍先でタイトルを獲得した選手10人を紹介しよう。

2015年06月18日(Thu)16時00分配信

text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

サミュエル・エトー

レアルが手放した10人の選手。移籍先でタイトルを獲得したビッグネーム達
サミュエル・エトー(1996年7月~2000年1月)【写真:Getty Images】

 1996年、レアル・マドリー下部組織に加入。正式にトップチームの一員となったのは1998年だったが出場機会も少なかった為、レンタル移籍で武者修行している時間の方が多く、2000年にマジョルカへ移籍。2002年にコパ・デル・レイ(国王杯)優勝に導くなどのパフォーマンスによって2004年にバルセロナへ移籍。3度のリーガ優勝、2度のCL優勝とコパ優勝を遂げた。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top