北九州、昨季主力は流出も補強は成功。プレーオフ進出逃すも上積みあり【2015年通信簿】

今シーズンのJ2も全日程が終了した。この1年を振り返り、各J2クラブはどのようなシーズンだったのだろうか。今回はJ2を7位で終えたギラヴァンツ北九州を振り返る。

2015年12月28日(Mon)11時32分配信

シリーズ:2015年Jリーグ通信簿
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , ,

限られた戦力でPO進出を争った

北九州、昨季主力は流出も補強は成功。プレーオフ進出逃すも上積みあり【2015年通信簿】
J2を7位で終えたギラヴァンツ北九州【写真:Getty Images】

 2年連続となる昇格プレーオフ進出は逃したものの、7位と上々のシーズンを送ったギラヴァンツ北九州。

 突出した選手こそいないものの、柱谷幸一監督のもとチーム全員で戦う姿勢を貫いた。昨年の躍進から主力を引き抜かれながら、その穴を埋める補強を実施。また既存選手も自信をつけたことも大きかった。細かくパスを繋ぐなど緻密なスタイルはチームの大きな武器となった

 それでも、例えば34節の磐田戦は相手の厳しいプレスの前に攻撃が機能不全に陥るなど、持ち味を封じられた際の脆さも垣間見せた。

 このあたりは来季の課題となる。が、順位は昨季よりも落としたが上積みを感じられるシーズンだったはずだ。

【次ページ】診断

1 2

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top