敵を騙すにはまず味方から?ネイマール、トリックPKは「僕が蹴るはずだったけど…」

2016年02月16日(Tue)8時33分配信

photo Getty Images
Tags: , , ,

トリックPK
メッシのトリックPK【写真:Getty Images】

 バルセロナがリーグ戦第24節のセルタ戦で見せたトリックPKが世界中で話題となっている。

 リオネル・メッシが自ら得たPKのキッカーに名乗りを挙げるが、ゴールへシュートするのではなく、横に蹴りだして後ろから走り込んだルイス・スアレスがシュート。これが決まってスアレスはハットトリックを達成した。

 PKではシュートしなければならないルールはなく、ボールを前に蹴ればパスをしても良い。自身が決めればリーグ通算300得点のメッシだったが、自身の記録よりもスアレスのハットトリックを譲った。

 このトリックPKに、“MSN”の一角であるネイマールがその裏側を明かした。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

「練習したんだ。自分がPKからのパスを蹴るはずだったけど、スアレスが近くにいたから彼が蹴ったんだ」

 しかし、予定外の事態にも「誰が決めようと関係ない。一番大事なのは自分たちの友情だ。うまくいってとても満足しているよ」と語っている。“敵を騙すにもまず味方から”、ということなのだろうか。

【了】

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top