日本でも脳震とう対策強化へ。JFAが対応施策を発表

2016年02月18日(Thu)21時11分配信

photo Getty Images
Tags: ,

イメージ
JFAは脳震とうへの対策を発表した【写真:Getty Images】

 日本サッカー協会(JFA)は18日、競技中に起こった脳震とうへの対策を強化することを発表した。世界的にも脳震とうに対する対策が進んでいるが、日本でも強化に取り組むことになる。

 試合中に脳震とうがあったと主審が判断した場合、速やかにチームドクターを呼んで診断をさせなければならない。主審は最長で3分の診断時間を与えることができ、主審はチームドクターの許可がある場合に限って試合への復帰が認められる。

 対象は日本代表戦及びJリーグトップチームでの試合となるが、対象外の試合でも脳震とうの疑いがある場合は、プレーの継続を強制しないように呼びかけている。

 なお、現時点で対象外の大会についても、随時検討を進めていくとしている。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top