テリーはなぜ退団発言をしたのか? チェルシーの偉大な主将の決断を迫らせた“帝国”の実情

2月1日、チェルシーのジョン・テリーが発した「今季限りで退団」発言は、大きな衝撃を与えた。クラブ唯一の生え抜きにして偉大なキャプテンは、36歳という年齢でありながら、新契約を締結するに相応しい存在だったからだ。なぜテリーは退団発言をしたのだろうか。そこには、レジェンドにも温情を与えない“帝国”の実情があった。

2016年02月19日(Fri)12時20分配信

text by 山中忍 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

テリー、退団発言の真相とは

テリー
今季限りでの退団を表明したチェルシーの主将ジョン・テリー【写真:Getty Images】

 1月末のFAカップ第4ラウンド終了後、ジョン・テリー自身の口から伝えられたチェルシーでの「今季限り」。ファンの1人としては「なぜ?」と思わざるを得ない。

 テリーはチーム唯一の生え抜きレギュラーにしてキャプテン。18年前の1軍デビュー当時から人一倍声が出たCBは、なるべくしてリーダーとなり、獲得した主要タイトルは国内外で14を数える。「ここで現役を終えたい」という当人の望みが叶えられて然るべきチェルシーの英雄だ。スタンフォードブリッジの観衆は、2月に入ってからのホームゲームでウォームアップの段階から「残ってくれ!」とテリーに歌いかけている。

 もっとも、一部には敢えて歌わない観衆がいることも事実。テリーは「ファンを交渉手段として利用している」と、彼らは言う。

 テレビカメラの前では「2、3日で気持ちの整理がついた」と言っていたテリーだが、チェルシーへの思いが強いからこそ、新1年契約を提示する意思のないクラブの態度に傷つき、怒りに近い感情さえ覚えたに違いない。だからこそ、既にトップ4上昇が望み薄なリーグ戦ではなく、タイトル獲得の目標が残されているFAカップでの大勝(5-1)後に、「今季が最後」と発言してクラブにプレッシャーを掛けた。

 チェルシーは慌てて「契約延長の可能性は残されている」とする声明を出したが、テリーは翌週のマンチェスター・ユナイテッド戦(1-1)後にも、「自分の気持ちは伝えたけど話し合いは行われないまま」と発言。「気持ちは伝えた」とだけ言って口を噤むことができないあたりは、良くも悪くも自己主張の強いテリーらしい。

1 2 3

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top