町田、地道な努力が身を結ぶ。4年ぶりのJ2参戦、定着へ向け一歩ずつコツコツ前進

フットボールチャンネルでは、Jリーグ開幕に向けて、Jクラブの補強動向を診断していく。今季の目標に向けて、効果的な補強を行うことができたクラブはどこなのか。今回は、4年ぶりJ2参戦のFC町田ゼルビアを占う。

2016年02月26日(Fri)17時13分配信

text by 編集部
Tags: , , ,

相馬体制4年目。久々のJ2で定着目指す

 2014年に再就任した相馬直樹監督の下、通算4シーズン目を迎える町田。昨季は前半戦こそ山口に差をつけられたが、後半戦も集中を切らすことなく地道に勝ち続けて最終節まで優勝を争った。最終的に勝ち点では並んだものの得失点差で2位となりプレーオフへ回っている。

 4-4-2をベースに積極的なプレッシングから分厚いカウンターを仕掛けるチーム戦術は不変で、今季も継続してアップデートに励む。町田にとって4年ぶりのJ2参戦だが、定着へ向けた道のりは険しい。まずは残留を目標に、J2の常連となるための礎を築く1年にしたい。

2016シーズン 戦力入れ替え

町田入れ替え2016

1 2

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top