五輪出場を諦めないなでしこ宮間、残り2戦も「死に物狂いでやっていく」

2016年03月04日(Fri)23時39分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

宮間あや
宮間あや【写真:Getty Images】

 なでしこジャパンは4日、リオデジャネイロ五輪女子アジア地区最終予選第3戦で中国と対戦し、1-2で敗れた。この結果、日本の4大会連続五輪出場は絶望的な状況となっている。

 大儀見優季とともに3試合連続で先発出場したキャプテン宮間あやはタオルで涙をぬぐってからインタビューゾーンに現れ、開口一番「本当に応援してくださっている方に申し訳ない」と謝罪の言葉を述べた。

 だが、「3試合通じてうまくいっていないという感覚はあまりない」という。宮間曰く「結果を出せないというところ」だけがうまくいかず、歯車が噛み合わないまま3試合を終えてしまったということのようだ。

 残り2試合、わずかながら五輪出場の可能性が残されている。宮間は「死に物狂いでやっていくつもりですけど、足りないということなので、もっとやりたい」と全くあきらめていない。もう一度チーム一丸となり、予選突破を信じて最後まで戦い抜く。

【了】

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top