本田、CL権事実上消滅で伊メディア評価二分「前半のプレーは最低だった」

2016年03月13日(Sun)23時14分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

本田圭佑
ミランの本田圭佑【写真:Getty Images】

【キエーヴォ 0-0 ミラン セリエA 第29節】

 イタリア・セリエA第29節が現地時間の13日に行なわれ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランはアウェイでキエーヴォと対戦し0-0のスコアレスドローに終わった。

 この試合で先発フル出場を果たした本田だが、終始バランサーに留まったことでイタリアメディアからの評価は二分している。試合直前にMFユライ・クツカが負傷したことで、ミランは4-3-3ではなく4-4-2を採用。本田は右サイドハーフを担っている。

 イタリア『ミランニュース.it』『カルチョメルカート.com』は及第点となる「6」の評価。「後半につれて勢いがつき、カルロス・バッカに素晴らしいクロスを届けた」と評価している。

 一方『トゥットメルカートウェブ』はチーム最低点タイとなる「5」の採点。「前半は日本人選手にとって最低のものだった。後半は少し改善されたが、多くのミスを犯した」と酷評している。

 キエーヴォと引き分けたことで、事実上チャンピオンズリーグ(CL)出場権が消滅したともいえるミラン。7位サッスオーロに抜かれる可能性も出てきており、なんとかヨーロッパリーグ出場権獲得のため食い下がりたいところだ。

【得点者】
なし

【了】

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top