異端の天才 金田喜稔の「超常識」(後編)

2012年12月21日(Fri)19時06分配信

text by 海江田哲朗 photo Kenzaburo Matsuoka
Tags:

そつなくやる選手ばかりでは面白くない

──一方、ディフェンダーは?

「これといっておるか? 特にセンターが弱い。インターナショナルレベルを想定すると、今野(泰幸/ガンバ大阪)とマヤ(吉田麻也/VVVフェンロー)では厳しいと思う」

──昨今のサッカー選手について、どのようなことを感じますか?

「厳しい競争を勝ち抜いてJリーガーになり、活躍の場が広がるほど背負うものも大きくなる。サッカー界は多くのファンやアマチュアプレーヤーが支え、スポンサーの協賛があり、メディアが報じてくれるおかげで成り立っている。それを理解するのは大事なことだが、背負い過ぎる人が多い。義務感に縛られているのが透けて見える。スポーツの原点は、自分を最大限に表現し、力を出し尽くす楽しさですよ。その権利を忘れてほしくない。

 そつなくやる選手ばかりで、そんなサッカーをしていて面白いのかと思う。ピッチに立ったら、やるのは選手なんです。監督にとっては扱いづらい奴だけど、結果を出すから使わざるを得ない。そういうもんでしょ。あとね、宇佐美は試合に出てないのに雑誌で日記みたいなことをやるな。あれを恥ずかしいことだとなぜ思わないのか。周りがやめさせるべきですよ。プラスになると思っているのは間違っている」

──今年、Jリーグ誕生から20年目を迎えました。世界との距離は?

「日本は強くなってる。落ちたり上がったりしながらトータルでは安定的に成長している。最初の10年で急激に上がって、成長の度合いは緩やかになった感じやね。一方で世界の強豪国も強くなっている。ワールドカップのベスト8やベスト16でしのぎを削っている国々との差は依然としてある。ここから追いつくのは至難の業よ。これまでと同じようなやり方では差を詰められない」

【了】

プロフィール

金田喜稔(かねだ・のぶとし)
1958年、広島県生まれ。1975年、県立広島工業高校にて高校サッカー選手権ベスト4。高校卒業後、中央大学に進学。大学2年生時に日本代表に選出された。80年、日産自動車サッカー部(現横浜F・マリノス)に加入、国内タイトル7冠獲得に貢献。91年に現役を引退した。日本代表154試合出場(国際Aマッチ58試合出場6得点)。現在はサッカー解説者、一般社団法人日本サッカー名蹴会会長を務めている。

初出:サッカー批評issue56

1 2 3

新着記事

↑top