今季8度目の逆転勝利も、手放しでは喜べないマンUの現状

プレミアリーグ第19節、マンチェスターUはホームにニューカッスルを迎えた。マンUは先制点を献上し、3度勝ち越される苦しい展開となったが、試合終了直前にエルナンデスのゴールで勝ち越し、実にリーグ戦8度目の逆転勝利を飾った。決定力は圧倒的だが、ディフェンス面での不安定さは未だぬぐえていない。

2012年12月27日(Thu)18時26分配信

text by 編集部 photo Kazuhito Yamada
Tags:

逆転勝利も、手放しでは喜べないマンUの現状

 ウインターブレイクに入ったヨーロッパの各国リーグを尻目に、むしろプレミアリーグはここからハードスケジュールに突入する。

 ウイークエンドだけでなくミドルウイークにも試合が行われ、1月1日にもスケジュールが組まれている。水曜日に開催されたこの第19節も、前節から中3日の間隔で迎えた。


香川、ルーニー、ヤングが欠場【写真:山田一仁】

 マンチェスター・ユナイテッドがホームにニューカッスルを迎えたこの一戦、香川真司の復帰が期待されたが、残念ながらベンチにも入らなかった。ユナイテッドさらにウェルベックに加え、試合前日にルーニーとA・ヤングも負傷したようで、ベンチ外。よって、ファンペルシとエルナンデスを2トップに据え、ギグスを左サイドハーフに配した4-4-2の布陣で臨んだ。

 現在、リーグ首位に立つユナイテッドだが、今シーズンは守備において不安定な面を露呈している。ここまで18試合を戦って、なんと25失点。完封勝利を収めたのは、わずか3試合しかない。

 4日前に行われたスウォンジー戦でもエブラのゴールで先制しながら前半のうちに追い付かれ、今シーズン初の引き分けに終わったばかり。そうした守備の脆さは、ニューカッスル戦でも顔を覗かせた。4分に早くも先制されると、追い付いては突き放されるシーソーゲームを演じ、3度もリードを許すのだ。

 それでも3-3の同点で迎えた90分、エルナンデスがスライディングしながら右足ボレーを決めて、逆転に成功した。歓喜に沸くオールドトラフォード。直後、フレッチャーと交代するため、ベンチに戻ってきた殊勲のエルナンデスをファーガソン監督は熱い抱擁で迎え入れる。ホームでの劇的な逆転勝利――。しかし、3度もリードを許しているだけに、手放しでは喜べない。

1 2

新着記事

↑top