稲本潤一が超えてきた日本人の壁 ~海外でプレーする選手に求められること~(前編)

2013年02月19日(Tue)17時33分配信

text by 戸塚啓 photo editorial staff
Tags:

監督へ意見を主張することは紙一重

――コミュニケーションに不自由しなくなったのは?

「イングランドでの3シーズン目、フルハムの2シーズン目ぐらいからですね。メディアとのコミュニケーションとかも、そこまで苦労せずにできていたかな」

――監督とのコミュニケーションはどうでしょう?

「フルハムでは色々な話をしました。ティガナとも、その次のコールマンとも。コールマンは年齢が近くて元選手なので、すごく入りやすかった」

――試合に使われないときに、監督に理由を聞きに行くこともありましたか?

「何回かは。でも、『自分に何が足りないのか?』と聞いて『戦術的な理由だ』と言われると、どうしようもないですよね。それでメンバーに入れなかったこともありました。当時のプレミアリーグはベンチ入りが5人だから、試合に絡めるのは16人まで。自分が17人目だった時期もあったけど、そこで腐ることは絶対にしなかった」

――外国人選手は積極的に聞きに行く印象があります。

「行ってますね、たぶん。チームメートから、『なんで聞きにいかなんだ、行ったほうがいい』と言われることもあったし。それこそ試合中やロッカールームに監督と選手が言い合いをするのも普通のことですし」

――意見をぶつけ合うのは珍しくないですよね。

「でも、難しいと言えば難しい。厳しい監督だと、主張したことで干されることもある。紙一重ではあるんですよ。ウェストブロムのときは、監督のブライアン・ロブソンと話をしたらレギュラーで使ってもらったりもしたし。いずれにしても、選手と監督の距離感は、日本とは違う気がします」

――監督のもとへ行く、行かないにかかわらず、さきほどお話していた「腐らない」のが大事ですね。

「お前にはこれが足りなから先発じゃないと言われたら、それを改善すればいい。戦術的なことが理由で使えないと言われても、自分の良さを消しちゃいけない。結局は全力で取り組むしかない、ということになる。チームの一員として足りないものを補いつつ、自分の良さを出していくしかないので。監督に聞く、聞かないはともかくとして、すごく考えながらやっていましたね」

【後編に続く】

初出:フットボールサミット第9回

1 2 3 4

新着記事

↑top