「落ち着け」では解消しない! 日本人選手に決定力がない本当の理由

“決定力不足”。日本サッカーの永遠のテーマかもしれない。これを解消する術はないのか? それを探るべく、メッシとクリロナをヒントに実験を行った。果たしてヒントは見つかったのか?

2013年06月08日(Sat)14時37分配信

text by 中村僚 photo Kazhito Yamada / Kaz Photography
Tags:

Jリーグでも日本人選手の得点は少ない

「決定力不足」。

 もはや日本サッカーに未来永劫つきまとうであろう言葉であり、現代における生活習慣病のように、サッカーというスポーツが存在する限り一生付き合っていかねばならない問題だろう。

 ビッグチャンスを決めきれずに終盤までもつれ込み、相手のカウンター一発で勝ち星を逃す。そんな場面は、国内外を問わず、多くのサッカーシーンで目撃することができる。

「日本人には決定力がない」と言われて久しい。Jリーグの歴代得点王を眺めると、昨季と今季は日本人が奮闘しているものの、そこにはケネディ、マルキーニョス、ジュニーニョ、ワシントン、マグノ・アウベス、アラウージョ、等々、外国人選手の名前がずらりと並ぶ。

 ベスト5にすら日本人が入れないシーズンもあり、12年の佐藤寿人、09年、10年に前田遼一が連続受賞してからは02年の高原直泰まで遡らなければならない。欧州に目を向けても、主要リーグの日本人最多得点記録を持つのは中盤の選手である香川真司だ。FWとして2桁ゴールを記録したのは高原直泰、ハーフナー・マイクの2名のみ。

 近代サッカーの発展によって求められる役割が変化しているとはいえ、やはりFWの得点が少ないというのは「決定力不足」に直結していると言わざるを得ない。では、日本人に決定力がない具体的な理由は何なのか? 他の決定力ある選手たちとの違いはどこにあるのか?

 その原因を突き止めるため、私は日本人と世界の選手との比較を行った。

1 2 3 4 5

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top