西野朗が東アジア杯を総括「優勝は高く評価出来る。意義ある大会だったが、現段階で『当確』はいない」

東アジア杯を優勝で終えたザックジャパン。宿敵・韓国を破っての大会制覇をエキスパートはどう見たのか? J1での監督経験豊富な西野朗氏が分析する。

2013年07月30日(Tue)13時30分配信

text by 編集部 photo Kenzaburo Matsuoka ,Kazhito Yamada / Kaz Photography
Tags:

意図的だった柿谷の「孤立」

――韓国戦は苦しい試合でしたが、2-1で勝利しました。

「(東アジア杯は)短期間で、チームをまとめて成長させるのはすごく難しいと思う。さらに1、2戦目と比べると韓国戦は明らかに苦しい、拮抗した試合だった。スタジアムの雰囲気も他の試合とはまるで違った。その中でよく辛抱強く戦ったよ。これは非常に評価出来ること」

――全体的には押し込まれた展開になってしまいました。

「韓国は優勝するためには点差を付けての勝利が必要だから、最初からアグレッシブにきていたね。それに対し、これまでの2戦でしていた悪い形での失点を(避ける)意識を強く持っていたと思う。

 粘り強さがあったし、素早い切り返しからの鋭いカウンターもあった。これを組織として共有して戦っていたことが試合をものにした。原口や工藤が最終ラインまで下りて守ってたよね。そういう全体で守るときは守るという現実を踏まえた戦いをしていた」

――柿谷曜一朗は殊勲の2得点でしたが、孤立する場面もありました。

「あれはザッケローニ監督の指示なんだよね。試合中、柿谷に『下がるな』ってジェスチャーを何度もしていた。彼はDFラインに吸収されると良さは出ないからね。孤立と言えばそうなんだけど、敢えての『孤立』だよね」

1 2 3 4

新着記事

FChan TV

↑top