Home » Jリーグ » 好調を続ける中村憲剛。成長の要因は「90分間頑張らないこと」

好調を続ける中村憲剛。成長の要因は「90分間頑張らないこと」

中村憲剛が好調だ。代表から復帰してというもの4試合連続ゴール。疲労がたまっている状態にもかかわらず、良いパフォーマンスを発揮出来ているのはなぜなのか?

2013年07月31日(水)11時48分配信

text by いしかわ ごう photo Asuka Kudo / Football Channel
タグ:

別次元の活躍を見せる中村憲剛

中村憲剛
中村憲剛【写真:工藤明日香(フットボールチャンネル)】

「ブラジルから帰ってきたら、すごくやりやすくなっていた。一体、キャンプで何があったんだろう?」

 中断明けのチームの好調ぶりに、中村憲剛がそう苦笑いする。中村はコンフェデレーションズカップを終えてブラジルから帰国すると、ワールドカップ予選も含めて約一ヶ月ぶりにチームに復帰した。

 その直後、ナビスコカップ準々決勝第2戦の仙台戦から出場したのだが、そこで想像以上にチーム力が向上していることに驚いたのだという。中断明けの公式戦は6試合で5勝1敗。しかも全て2点以上を奪っている。中村が戸惑いを見せるのも無理もないのかもしれない。

 しかしそんな本人の困惑以上に、周囲は中村のパフォーマンスに驚愕しているに違いない。少なくとも自分はそうだ。復帰後の公式戦は4試合連続ゴール。大宮戦では連続得点こそ途切れたが、きっちりと2アシストを記録した。

 単にゴールやアシストという記録だけではなく、勝負所で見せるそのハイレベルのパフォーマンスは、Jリーグの中では、ちょっと別次元の域に達している印象すらあるほどだ。

 彼の中で何が変わったのか。

1 2 3

新着記事

↑top