【緊急対談】2ステージ制から考える。今論ずべきJリーグの問題点とは?(その2)

Jリーグが2ステージ制への移行を発表し、さまざまな議論を呼んでいる。サポーターからは多く2ステージ制への反対意見が聞かれているが、一体何が問題なのか? そして大会方式変更の前に論ずべきこととは何か? ジャーナリストの宇都宮徹壱氏が発行するメールマガジンに掲載された氏と徹マガ編集部・澤山大輔氏による対談をお届けする。

2013年10月02日(Wed)11時39分配信

text by 澤山大輔 photo Asuka Kudo / Football Channel
Tags:

【その1はこちら】 | 【その3はこちら】 | 【その4へ続く】

「茹でガエル」どころかすでに赤字

澤山:こちらが2013年3月13日のJリーグのニュースリリースです。公益社団法人日本プロサッカーリーグの決算を承認したというところで、放映権料収益が43億8700万円、協賛金収益が26億5800万円で、これで経常収益が96億4000万円。

 一方で費用が98億2700万円で、要は約1億8600万円の赤字なんですね。中西さんが「茹でガエル」というふうに表現されましたけど、すでに赤字がでている。そこに今後「約10億円の減収が見込まれる」という話が出たんですよね?

2ステージ制から考える
【写真:工藤明日香 / フットボールチャンネル】

宇都宮:そう。「2015年に手を打たないと、2014年に10億円ほどショートするリスク」があると。だからこそ、2015年に大会システムを変えることによって、10億円が現状維持されるという説明でした。

澤山:つまり、そこに尽きますよね。正味財産期末残高が19億1200万円、ここで10億飛んだら、支出を絞らない限り行き詰まりますよね。すでに赤字2億のところにさらに10億飛ぶっていうのは現状のJリーグ事務局にとって大きなダメージ。

 減収分をそっくり配分金に充当すれば、中西さんご説明のようにJ1とJ2それぞれに数千万円分の減額となる。ここを確保するために手を打たざるを得なかった、ということはわかります。

宇都宮:10億っていう数字をどう見るかっていうところで「目先の10億、たかが10億」みたいな言い方する人もいるけど。

澤山:実際は、その「目先の10億」をとらないと3年後にJリーグは崩壊してます、という。酸素が足りなくて水面に上がるしかない、それぐらいの状態だということで。

宇都宮:例えとしては、それが一番適切かもしれないですよね。

1 2 3 4 5 6 7

新着記事

↑top