活躍しているのになぜ? スペインでネイマールへのバッシングが激しい理由

メッシが負傷中のバルサだが、新加入のネイマールの活躍もあり、リーガ首位。好調を維持しているが、活躍するネイマールには大きな批判があるという。一体なぜなのか? そこにはスペインならではのメディア事情があるようだ。

2013年10月09日(Wed)11時32分配信

text by 山本美智子 photo Kenzaburo Matsuoka
Tags: ,

話題を呼んだバジャドリー戦の“ダイブ”と判定

 ネイマールへのバッシングが本格的に始まった。

ネイマール
「ネイマールはブラジル時代からのクセが欧州に来ても抜けていない」という非難の声が【写真:松岡健三郎】

 先日、ホームで行われたスペインリーグ第8節、FCバルセロナ対バジャドリー戦(4-1でバルサが勝利)で、ネイマールがエリア内でファウルを受けたが、主審がペナルティと判断せず、PKをとらなかった件が恐ろしく話題になっている。

 恐ろしく、という表現は、大げさでもなんでもなく、本当に毎日、テレビ番組で、各局のスポーツニュースで、討論番組で、ラジオ番組で、そして各地で行われる記者会見場で、話題に上っているのだ。

 論点になっているのは、「ネイマールがわざとPKを要請するために演技したか」どうかだ。実は、ネイマールが故意にいつも大げさに倒れては、主審にファウルを要請する、ブラジル時代からのクセが欧州に来ても抜けていない、という非難の声が先週あたりから、多くあがるようになってきた。

 複数の討論番組が「ネイマールのあれは意図的だったか」と番組内で緊急アンケートをとり、75%以上がイエスの解答を得た番組もあった。言わずと知れた“マドリーサイド”からである。

1 2 3

新着記事

↑top