ベラルーシに敗戦。未だオプションにならない3-4-3、力不足の柿谷には追試が必要【どこよりも早い採点】

セルビア戦に続き、15日のベラルーシ戦にも敗れた日本代表。停滞感漂うザックジャパンの問題点とは何か。

2013年10月16日(水)0時45分配信

シリーズ:どこよりも早い採点
text by 植田路生
タグ: , , , ,

攻撃のオプションにならない3-4-3

 テンションの低い試合だった。実際、選手たちはそんなことはないのだが、そう感じざるを得ないほど盛り上がりもなく、淡々と敗れた。

 ベラルーシは決して弱いチームではないが、強くはない。このレベルの相手に勝てないようではW杯では1勝もできないだろう。アウェイではあるが、相手への大声援はなかった。言い訳にはならない。

 前半はまずまずだった。セルビアのようなトップレベルのDFがいないこともあって、ボールを保持する時間も多く、前からのプレスもきいていた。だが、相手が慣れてくると次第に崩せなくなった。

 試合後に遠藤保仁が「チャンス自体が少なかった」と語ったように、得点の匂いがする場面は少なかった。途中で森重真人を投入し、3-4-3を試したが、その状況は変わらず。この布陣は守備のオプションにはなり得ても、攻撃のそれにはならないだろう。

 3-4-3の利点であるサイドでの数的優位を上手くつくれず、素早い攻撃ができていない。これでは4バックでも一緒。1トップに本田圭佑を置いたが、ボールも収まらない。南アのときのようなカウンターを狙うスタイルならば別だが、相手DFが揃っている状況では本田に長いボールを入れてもタメはつくれない。彼はレヴァンドフスキではない。

【次ページ】柿谷には追試が必要

1 2 3

新着記事

↑top