マンU勝利、フル出場、高いパス成功率も。香川真司がまだ本調子ではない理由

2013年10月27日(Sun)14時04分配信

text by 内藤秀明 photo Kazhito Yamada / Kaz Photography
Tags: , ,

少なかった効果的なプレー

 香川の武器はいくつかあるが、そのうちの一つにファーストタッチが挙げられる。フィジカルの強さを持ち合わせていないが、その代わりにワンタッチ目で良い場所にボールを置いて、相手にぶつかられないようにプレーしつつ、セカンドプレーへスムーズに移行する。

 しかし、この日の香川は、ボールが足下に入りすぎたり、前にボールを置き過ぎたりなどと、セカンドプレーへ移行するリズムが非常に悪かった。

 結果、セカンドプレーでは、ボールを奪われないようにプレーするのが精一杯。良い日の香川は、良いファーストタッチで前を向き、スルーパスをチャレンジし、ポジティブなボールの奪われ方がすることが多く、結果としてパス成功率が落ちる。しかし、ストーク戦では奪われないためのプレーが多く、効果的なプレーは少なかった。

 実は、ソシエダ戦でもその傾向はあった。試合終盤に、決定的な場面ながらファーストタッチがずれたために得点できなかったプレーはその典型だ。しかし、ストーク戦ではパス精度低下の傾向がより強まった印象だ。

 武器が錆びれば戦える相手でも戦えない。ここ2戦は先発出場を果たしている香川の状況は好転しつつある。このチャンスを必ず掴むために、今すぐにでも錆びを落とし、切れ味抜群のプレーを披露して欲しい。

【了】

関連リンク

マンチェスター・ユナイテッドクロニクル
マンチェスターユナイテッド クリアファイル

1 2 3 4

新着記事

↑top