デイビッド・モイーズ

マルティン・ウーデゴール

アーセナル、ウーデゴールの輝きは「信じられない」。3-3は自作自演…劣勢を覆した立役者はノルウェーの希望【分析コラム】

プレミアリーグ第29節、ウェストハム対アーセナルが現地時間21日に行われ、3-3のドローに終わっている。過密日程による疲労のせいか、アーセナルは緩いゲームの入りをみせ、一気に3点を失った。しかし、その後3点を奪い勝ち点1を拾うことができている。立役者は、ノルウェーの希望だった。(文:本田千尋)

1212Moyes_getty

今季のモイーズは一味違う? ウェストハムが5位浮上。カウンターからのシュート0でビエルサのリーズを撃破した方法【分析コラム】

プレミアリーグ第12節、リーズ・ユナイテッド対ウェストハム・ユナイテッドが現地時間11日に行われ、1-2でウェストハムが勝利した。今季6勝目を挙げたウェストハムは暫定5位に浮上。デイビッド・モイーズ監督が率いるウェストハムは一味違う戦いを見せた。(文:加藤健一)

20201201_westham_getty

一体何が? モイーズ采配が的中!【ウェストハム対アストン・ヴィラ分析コラム】

プレミアリーグ第10節、ウェストハム対アストン・ヴィラが現地時間11月30日に行われ、2-1でホームチームが勝利している。ウェストハムはこれでリーグ戦3連勝。順位は5位にまで浮上した。今季アウェイ無敗だったアストン・ヴィラ戦ではデイビッド・モイーズ監督の采配も的中するなど、チームにはこれまでとは違った雰囲気がある。(文:小澤祐作)

デイビッド・モイーズ

モイーズは結局、名将? 迷将? “フットボールの天才”はウェストハムをどう指揮しているのか?

シーズン開幕前、英国ブックメーカーの多くは「プレミアリーグで最初に解任される監督」の一番人気にウェストハムのデイビッド・モイーズ監督を指名していた。その理由は様々だが、シーズン序盤の日程の過酷さは、その中でも最も大きな要因のうちの一つだろう。しかし蓋を開けてみればウルブズ、レスターに勝利をおさめ、スパーズとシティからは勝ち点1をもぎ取り8節、9節では連勝した。結局のところ、この老将は名将なのか、迷将なのか。(文:内藤秀明)

20201130_westham_getty

ウェストハムって誰がいるの? 現在のスタメン、フォーメーションは? マンUを崩壊させたモイーズの新たな教え子たち

昨季プレミアリーグを16位で終えなんとか残留したウェストハム。そうした成績に加え今夏の移籍市場においても活発ではなかったため今季に向けても不安は募っていたが、デイビッド・モイーズ監督率いるチームは開幕から悪くないペースで勝ち点を積み重ねているなど、良い意味で期待を裏切っている。今回は、そんなウェストハムの現在の主力メンバーをポジションごとに紹介していく(成績は2020年11月30日現在)。

0630ManUtd_getty

マンチェスター・ユナイテッド歴代ユニフォーム。胸スポンサーの歴史、ベッカム、ロナウド、香川真司たちが着たのは…

レッドデビルズ(赤い悪魔)の愛称を持つマンチェスター・ユナイテッドは、これまで数多くのタイトルを獲得している。そこにはデイビッド・ベッカム、ルート・ファン・ニステルローイ、ウェイン・ルーニー、クリスティアーノ・ロナウド、ロビン・ファン・ペルシーといったスター選手たちの活躍があった。印象的だったシーズンの歴史と記憶が刻まれたユニフォームを振り返っていきたい。

0526ManUtd_Getty

マンU、ファーガソン後の迷走の理由。古かったモイーズと細かすぎたファン・ハール【マンチェスター・ユナイテッドの20年史(4)】

マンチェスター・ユナイテッドは世界屈指のビッグクラブだが、その長い道のりの中で紆余曲折を経験している。1986年から指揮を執るアレックス・ファーガソン監督は、27年にも及ぶ輝かし時代を作ったが、その後は苦しい時期が続く。今回は、そんなマンチェスター・ユナイテッドの現代史を、複数回に渡って辿っていきたい。(文:西部謙司)

新着記事

↑top