ウェストハムって誰がいるの? 現在のスタメン、フォーメーションは? マンUを崩壊させたモイーズの新たな教え子たち

昨季プレミアリーグを16位で終えなんとか残留したウェストハム。そうした成績に加え今夏の移籍市場においても活発ではなかったため今季に向けても不安は募っていたが、デイビッド・モイーズ監督率いるチームは開幕から悪くないペースで勝ち点を積み重ねているなど、良い意味で期待を裏切っている。今回は、そんなウェストハムの現在の主力メンバーをポジションごとに紹介していく(成績は2020年11月30日現在)。

2020年11月30日(Mon)6時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

目次

GK
DF
MF
FW
フォーメーション

GK

ウカシュ・ファビアンスキ
【写真:Getty Images】

ウカシュ・ファビアンスキ(ポーランド代表/背番号1)
生年月日:1985年4月18日(35歳)
20/21リーグ戦成績:9試合出場/10失点


【今シーズンのプレミアリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 抜群の反射神経を生かしたビッグセーブでピンチを救い続けているポーランド代表守護神だ。昨季途中、負傷によって2ヶ月間ほどの欠場を強いられている間にチームの調子が急下降するなど、その存在の大きさは果てしない。35歳となった現在も目立った衰えはなく、安定感を発揮している。

 ちなみにこのベテラン守護神はウェストハムでプレーした59人目の外国籍選手で、同クラブ初のポーランド人選手でもある。なお、2008年から2011年までフィリップ・モデルスキというポーランド人選手が下部組織に所属していたが、結局トップチームデビューを果たすことなくクラブを去っている。

【次ページ】DF

1 2 3 4 5

新着記事

↑top