【浦和番の視点】圧倒的に攻め込むも無得点に終わったレッズ。敗因なきナビスコ決勝

2013年11月03日(Sun)14時36分配信

text by 神谷正明 photo Kenzaburo Matsuoka
Tags: ,

浦和らしさは発揮できた攻撃

 一方、攻撃に関して、浦和は何もできなかったわけではない。前半はダイナミックさを欠いたと言えばその通りかもしれないが、一発勝負の決勝で先に失点するのは避けたいということを考えれば、仕方のない面もあるし、そのなかでも浦和らしいサッカーはある程度できていた。

 鈴木も「特に前半に自分たちのやりたいことができなかったというような形では見ていない」と振り返っている。

 ミスはあったが、これまでのいい内容だった試合でも同程度のミスは見られた。そういう試合ではミスがあるなかでもチャレンジし続け、その試みが成功したときにゴールを奪えていたが、柏との一戦ではいい崩しが出た場面でも最後のところで跳ね返された。柏の守備陣が一枚上手だったというだけの話だ。

 柏木は「チームが悪いときはどうしても攻撃が左サイドによってしまうということがあるけど、特に前半はそうだった」と問題点を指摘しており、確かにそういった傾向はあった。ただ、サッカーは相手あってのスポーツだ。

 サイドチェンジを効果的に使うためにはボランチの位置から素早い展開が求められるが、この日の柏は鈴木のパスコースをうまく制限して、簡単にサイドチェンジをやらせていなかった。

1 2 3 4

新着記事

↑top