【浦和番の視点】圧倒的に攻め込むも無得点に終わったレッズ。敗因なきナビスコ決勝

2013年11月03日(Sun)14時36分配信

text by 神谷正明 photo Kenzaburo Matsuoka
Tags: ,

後半のような攻撃を90分続けるべきだったか?

 また、多くの選手が認めたように、後半は前半に比べてチャンスを多く作れた。ただ、だからといって後半のようなプレーを前半からやっていればよかったかと言えば、そう単純でもない。

 後半は1点ビハインドだったこともあり、かなりリスクを負って攻撃していた。より攻撃に比重を置いたからこそチャンスは多くなった、その代わりにピンチの数も増えた。後半は失点こそなかったが、危ない場面は前半よりも多く、さらに1、2失点していてもおかしくなかった。

 鈴木はそういった事情をよく理解している。

「後半は自分たちの狙った通りのサッカーができたとして、たとえば縦パスが入ってチャンスが作れたという形があったとしても、ものすごいピンチが何回かあった。前半からそれをするのか、ということ。

後半はゴールを取らないといけないというところでリスクを負って、局面によってはDF1枚に対してFWが2枚いたときもあったし、それでも防げた部分もあったけど、もしかしたらやられていたかもしれない」

【了】

1 2 3 4

新着記事

↑top