【浦和番の視点】圧倒的に攻め込むも無得点に終わったレッズ。敗因なきナビスコ決勝

ナビスコカップ決勝、浦和レッズは敗れた。多くの時間でボールを持ち、特に後半は圧倒的に攻め込むも柏レイソルの堅守を崩せず無得点。自分たちのサッカーが出来ていた浦和の敗因は何か?

2013年11月03日(Sun)14時36分配信

text by 神谷正明 photo Kenzaburo Matsuoka
Tags: ,

失点シーンはミスなのか?

20131103_petoro
浦和レッズ ペトロヴィッチ監督【写真:松岡健三郎】

 浦和は柏に0-1で敗れ、10年ぶりのナビスコカップ優勝は叶わなかった。敗因は何だったのかというリクエストを編集部から受けたが、正直なところ「これが敗因」とはっきり言えるようなものはなかったと思う。

 もちろん、負けたのだから、粗探しをすれば原因は必ず出てくる。ただ、戦術的に明らかな問題があったとか、絶対にやってはいけない致命的なミスがあったかというと、そこまでの問題はなかったように思う。

 失点場面を見ても、クロスを上げさせたこと、中でマークが外れていたことなど原因と言えるものはあったが、どれも明らかなミスかと言えば、そうとも言い切れない事情はあった。

 たとえば右サイドの藤田にクロスを上げられた場面では、確かに何人かの選手が指摘したように、藤田に対して1対2の状況になっていたが、その前の展開としてジョルジ・ワグネルの鋭いサイドチェンジがあったため、2人は少し遅れてマークにいかざるを得ない状態だった。

 クロスを入れさせなければ失点はなかったかもしれないが、そもそもどんな試合でも90分間完璧にクロスを入れさせないようにするというのは現実的に難しい。

1 2 3 4

新着記事

FChan TV

↑top