ブスケッツ:「僕の名前が叫ばれるのは普通ではない」

2013年11月07日(Thu)19時46分配信


Tags: , , , , ,

ミラン撃破でファンの声援に感謝
ミラン撃破でファンの声援に感謝【写真:goal.com】

バルセロナは、6日のチャンピオンズリーグ・グループH第4節、ホームでミランに3-1と勝利した。1得点を記録したMFセルジ・ブスケッツは、駆けつけたファンの声援に感謝を述べている。

バルサはFWリオネル・メッシのPKで先制すると、前半のうちにセットプレーからブスケッツが追加点。オウンゴールで1点を献上したが、後半にメッシが復調を印象づける自身2点目を奪い、本拠地カンプ・ノウでミランを沈めている。

ブスケッツは試合後、スペイン『カナリュ・プルス』でファンに感謝を示している。

「僕たちは目標達成に近づいた。オウンゴールは残念だったけど、前半は良い内容だったね。僕たちは完全な試合を行った。グループ突破に向けて、良い位置にいる」

「僕の名前がカンプ・ノウで叫ばれるのは、普通ではない。僕の仕事はなかなか見えづらいものだし、チームや監督にとってのものだから。輝くことは難しいんだ。観客が名前を叫んだくれたことを評価しないといけない。本当に感謝しているよ」

一方で、ブスケッツは2ゴールを奪ったメッシに賛辞を送った。また、ミラン戦の後半に苦しんだことを認めている。

「メッシは相手の守備陣を崩してくれる。ゴール前では、常に調子が良いんだよ。彼がもう止まらないことを願っている」

「ミランは後半、戦術を変えてきた。それによって、サイドの選手をつかまえるのが難しくなった。(イニャツィオ・)アバーテが非常に高い位置まで攻め込んできて、(サリー・)ムンタリが中央に入ってきていた。僕たちが3点目を奪うまで、それが危険だった」

Goal.com

新着記事

↑top