ロッベン、3点差勝利も「対等な試合だった」

2013年11月24日(Sun)10時08分配信


Tags: , ,

スコアに浮かれず
スコアに浮かれず【写真:goal.com】

バイエルン・ミュンヘンは23日、ブンデスリーガ第13節でボルシア・ドルトムントと敵地で対戦し、3ー0と快勝した。FWアリエン・ロッベンが、試合を振り返っている。

前半を0ー0で折り返したバイエルンは、ジョゼップ・グアルディオラ監督の采配が的中し、後半に3ゴールを挙げた。85分にチーム2点目を決めたロッベンは、スコアほどの差がなかったと強調。浮かれるつもりはないようだ。

ドイツ『スカイ』で、ロッベンが次のように話した。

「3点差だとはっきりした勝利みたいに見えるかもしれないけど、勘違いはいけない。対等なレベルの試合だった」

「2点目は、チアゴのビジョンが素晴らしかったね。僕は(ドルトムントGK)ロマン・ヴァイデンフェラーがどう動くかを見た。結局、チップキックが決まったね」

「誇りに思うし、このような試合をすごく楽しんでいる。多くの少年たちが、こういった舞台に立つことを夢見るものだ。実際にそれができるなら、ベストを尽くして楽しまなければいけない」

無敗で首位を快走するバイエルンは、2位レヴァークーゼンに勝ち点4差をつけている。

Goal.com

新着記事

↑top