景気に左右されない本当に強いサッカークラブのつくり方「今すぐ非営利法人をつくりなさい」

2013年11月29日(金)13時14分配信

text by 鈴木康浩 photo editorial staff
タグ: , , , , , ,

「サッカークラブはサッカーばかりをやっていてはいけない」

「これは究極の目標になりますが、たとえば、さいたま市の120万人が1万円ずつ支援したら120億円。その120億円でトップチームの株式を半分くれませんか? と言えるわけです。過半数を持てば経営ができるわけですから。

 120万人には老人も子どもも含まれるので、60万人でもいいでしょう。それならば60億円。Jリーグではもっとも大きな予算を持つクラブになるし、スポンサードもいらない。極論ですが理想のクラブ形態と言えるわけです。それでも、当然、60万人が支援するかという大きな疑問がありますよね?

 実際、埼玉スタジアムには6万人しか集まっていないわけで。全然足りていない。だからこそ、サッカークラブはサッカーばかりをやっていてはいけないんです。百年構想にも『色んなスポーツクラブを作りましょう』と書いてあって、この20年間でもリーグ主導で各クラブとともにチャレンジはしてきました。

 その点、やはり欧州は進んでいます。たとえば、ブンデスリーガでドルトムントがなぜ平均8万人も入るのか。ドイツの人たちはスタジアムでサッカーをやっているという感覚ではないんですよ。平日はバスケをしていても、週末にバイエルンと試合をやるならば応援にいくぜ、という文化がある。

 日本はリーグが創設されたのがトップダウンで企業母体のクラブから始まったという経緯もありますが、未だにJクラブがサッカーが好きな人にしかアプローチできていない。だからこそ、開幕して20年が経過した今、総合型スポーツクラブを作るという百年構想の理念に立ち返るべきだと思います」

【了】

関連リンク

【サッカー×ビジネス】野々村芳和がビジネス視点から日本サッカーを斬る!
Jクラブが資金ショートしたらどうなるの?
ドイツで一般的な“フェライン”とは?

プロフィール

谷塚哲(やつか・てつ)
1972年埼玉県生まれ。武南高校・順天堂大学とサッカーを続け、社会人は地域リーグでJFL参入を目指す。30歳で現役を引退し、行政書士試験合格。平成17年にスポーツ法務事務所/谷塚行政書士事務所を開業。専門家による専門的なスポーツマネジメント組織の確立を目指し、REGISTA.LLPを立ち上げる。

クラブ運営に必要な“法人格”。そのメリットとは?

地域スポーツクラブの“法人格”を取得しよう!―理想のクラブ運営ガイド―

谷塚 哲 著 
A5判・208P/定価1,785円(税込)
全国書店にて好評発売!

地域スポーツクラブを運営するうえで、今後不可欠になるのが“法人格”の取得。なぜ地域スポーツクラブも法人格を取得したほうがいいのか? 本書は、そのメリット・デメリットから、運営にあたっての疑問や悩みまで、スポーツマネジメントの専門家である著者がわかりやすく丁寧に答えたクラブ運営の新しい教科書です。

1 2 3 4 5 6

新着記事

↑top