クラブの生死を懸けた入れ替え戦。カマタマーレ讃岐が絶対にJ2昇格しなければならない理由

2013年11月30日(Sat)16時22分配信

text by 寺下友徳 photo Tasuku Taki
Tags: ,

やり直しは出来ない生死を懸けた一戦

 そして今季、カマタマーレ讃岐もホーム最終戦でようやく平均観客動員3,000人のノルマをクリア。もう1人の香川県民の友人の言葉を借りれば「県民を巻き込めていない」。これも本音であろう。では、このような負のスパイラルを打破するには?やはりJ2昇格しかないのだ。

「もし負けてもJ3からやり直せば」。そう言う方もいらっしゃるかもしれない。では、もしJ2昇格を逃したら「支援持ち株会」の資金獲得が伸びる見込みはあるのか?まずない。ましてや「J2昇格支援スポンサー」と銘打った支援金などは、その名目を失ってはほとんど集まらないだろう。となれば、来季以降の経営はたちまち苦しくなるに違いない。

 となれば、JFL最強「帝京2トップ」を組んだ高橋泰(前:J2愛媛)、木島良輔(前:J2東京V)はじめ、現有戦力の維持は困難。よって、J2昇格のチャンスは永遠に閉ざされるかもしれない。綺麗事では済まされない。もう一度記す。讃岐はここで絶対に勝たなくてはいけないのだ。

「もっとも残酷な戦い」はJ1・J2入れ替え戦のフレーズであるが、正にクラブの生死を分ける闘いこそが「J2・JFL入れ替え戦」。カマタマーレ讃岐はその舞台へ向け、全身全霊で臨もうとしている。

【了】

1 2 3 4

新着記事

↑top