逆転決勝T進出を目指すレヴァークーゼン

2013年12月10日(Tue)15時35分配信


Tags: , , , , ,

「ドルトムント戦勝利の勢いを維持したい」
「ドルトムント戦勝利の勢いを維持したい」【写真:goal.com】

レヴァークーゼンのサミ・ヒーピア監督は、10日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)・グループA第6節のレアル・ソシエダ戦を前に、ボルシア・ドルトムント戦のパフォーマンスを続けるよう、選手に求めている。

レヴァークーゼンは、第5節を終えたCLグループAで、首位マンチェスター・ユナイテッド、2位シャフタール・ドネツクに続く3位となっている。2位シャフタールとの勝ち点差はわずか1となっており、最終節の結果次第で決勝トーナメント進出が決まる。

ヒーピア監督は、試合前日会見で「ドルトムント戦から多くの自信を得ることができた。我々は、その勢いを維持したい。同じインテンシティを持ってプレーする必要がある」と語っている。

「ユナイテッド(対シャフタール)の試合は重要だし、我々の試合に影響する。75分を過ぎて、もし我々が同点で他会場の試合で動きがあれば、我々はさらにリスクを冒し勝利を目指す」

「ユナイテッド戦では0-5で敗れ、良いプレーができなかった。残念だったが、それがサッカーだ。こういったことも起こる。今は勝ちたいし、ソシエダが何人かを休ませるとしても、代わりに入る選手はアピールするために頑張るはずだ。タフな試合になる」

Goal.com

新着記事

↑top