ペジェグリーニ、3失点に課題を感じる

2013年12月15日(Sun)7時47分配信


Tags: , ,

「6ー3より、6ー0」
「6ー3より、6ー0」【写真:goal.com】

マンチェスター・シティは14日、プレミアリーグ第16節でアーセナルをホームに迎え、6ー3で勝利した。マヌエル・ペジェグリーニ監督は、大量得点よりも3失点を気にしている。

シティは首位アーセナルを相手に強さを見せつけ、勝ち点3を手にした。しかし、ペジェグリーニ監督は3失点の守備は修正すべきと感じている。

試合後の指揮官のコメントを、イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。

「面白い試合だということはとても大事だ。しかい、6ー3で勝つよりも、6ー0で勝ちたい。どの指導者も、それぞれに考え方がある。1点取って、守りたいという監督もいるだろう。しかし、我々は得点を目指し続ける。それが我々の望む勝利ち方だからだ。ただ、チーム全体が守り方を知っていなければね」

「攻撃面はとても良いパフォーマンスだった。アーセナル相手に6得点は簡単なことじゃない。プレミアで最も堅い守備だからね。しかし、我々はさらにゴールを奪う決定機があったと思う」

後半の立ち上がりに負傷交代となったFWセルヒオ・アグエロの状態にも触れている。

「ドクターに診てもらわなければいけない。少し問題があるだろう。ふくらはぎの問題だが、どれくらいかかるかは現時点で分からない」

シティは首位アーセナルと勝ち点3差で、暫定3位につけている。

Goal.com

新着記事

↑top