守備の崩壊を嘆くヴェンゲル

2013年12月15日(Sun)8時03分配信


Tags: , ,

エヴァートンやサウサンプトンは、シティのように強かった
エヴァートンやサウサンプトンは、シティのように強かった【写真:goal.com】

アーセナルは14日に行われたプレミアリーグ第16節でマンチェスター・シティと対戦し、3ー6で敗れた。アーセン・ヴェンゲル監督が、アウェーゲームを落とした理由を分析している。

アーセナルは依然として首位だが、前節エヴァートン戦に続いて白星を逃した。ヴェンゲル監督は試合後、イギリス『スカイ・スポーツ』で次のように話している。

「我々はリーグで最高の守備だった。しかし、多くのゴールを許してしまった。今シーズン、ここまでの我々の強さは、守備の強さによるものだった。それが今日はダメだったんだ」

「今日のシティが無敵だったわけではない。シティは今シーズンの優勝候補の一つだが、対戦したほかのチームを上回っているということではないね。エヴァートンは、シティと同じように強かった。サウサンプトンもシティと同じように良かったよ」

MFジャック・ウィルシャーは、シティファンに向かって中指を立てたのではないかという疑惑がある。

「私はそれを見ていないから、彼が本当にやったのかは知らない。それで処分を受けるなら、我々は受け入れなければいけない」

Goal.com

新着記事

↑top